カメラを持って直島へ!ときめき溢れる香川フォト旅プラン♡

拡大画像を見る

瀬戸内国際芸術祭の盛り上がりから、近年人気が増している瀬戸内の島々。その中でも定番の人気を誇る直島。今回は「写真を撮りたい」をテーマに、直島のおすすめスポットを紹介したいと思います。


宮浦港周辺で、アートに触れる


直島パヴィリオン



ステンレス製メッシュを約250枚使って作られた建築物。中に入ることができるため、空に浮かんでいるような不思議な写真を撮ることができます。
一面真っ白なパヴィリオンを通して見る直島の空は、アートの世界に来たことを実感させられます。


赤かぼちゃ



言わずと知れた直島の定番スポットである「赤かぼちゃ」。アーティスト草間彌生さんがデザインしたこのオブジェは、島内別箇所にある「黄かぼちゃ」とともに直島を象徴するアートとなっています。
中に入るも良し、外から眺めるも良し。写真の撮りがいのあるスポットです。


撮りたくなるほど素敵な直島カフェ



直島初のコーヒースタンドである「ミカヅキショウテン」。スペシャルティコーヒーを気軽に飲める店として、島内で人気を誇っています。味はもちろん、店名の三日月を彷彿させるイラストが描かれたテイクアウトカップもおしゃれで、ついつい写真を撮りたくなります。


<スポット情報>
ミカヅキショウテン
住所: 香川県香川郡直島町2291-5
電話: 087-813-1322


連れて帰りたいフォトジェニックな直島土産



最後に紹介するのは、直島に行ったらぜひ手に取っていただきたい「直島サイダー」。港近くの売店で売っているのですが、パッケージのデザイン性が高く、一目ぼれで購入。乗船時間まで時間があったので、港近くで撮影しながら美味しく飲ませていただきました。


カメラを持って、直島を楽しもう



今回紹介した以外にも、素敵な場所・雑貨がたくさんある直島。数日かけて瀬戸内島巡りをするのもおすすめです!
写真を撮りたくなるスポットが多いので、ぜひカメラを持って遊びに行ってみてください。

関連リンク

  • 10/18 7:48
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます