シント・トロイデンの鈴木優磨が今季3点目も…6失点大敗でリーグ8戦未勝利

拡大画像を見る

 シント・トロイデンに所属するFW鈴木優磨が今季3得点目を挙げた。

 ジュピラー・リーグ第9節が17日に行われ、シント・トロイデンはFW鈴木武蔵が所属するベールスホットと対戦した。なお、鈴木武蔵は体調不良により、この試合を欠場していた。鈴木優磨は7試合連続となるフル出場を果たしている。

 鈴木優磨は49分、相手GKと1対1になると、ファーサイドにボールを流し込み、チームの2点目を決めた。これは、8月29日に行われた第4節のオイペン戦以来の得点となった。その後にも1点を追加したシント・トロイデンだったが、合計で6失点し、チームは大敗した。シント・トロイデンは開幕節以来、8試合未勝利が続いており、暫定で16位に沈んでいる。

関連リンク

  • 10/18 6:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます