24歳ベビーシッター、生後8か月の女児を大型ゴミ収集箱に捨てる(米)

拡大画像を見る

コネチカット州ニューヘイブンのあるアパートの大型ゴミ収集箱で12日午後2時頃、生後8か月の女児が捨てられていた。住民のペリー・デニスさん(Perry Dennis)がゴミを捨てようとして外に出たところ、泣き声に気付いたという。

ペリーさんは、当時をこう振り返る。

「最初は猫だと思ったんだ。でもゴミ箱の蓋を開けると赤ちゃんの手が見えた。両手とも火傷をしており、右の手はかなり酷かった。それに身体が異常なほど震えていたんだ。」
「すぐに、アパートのメンテナンス担当者に連絡したよ。今でも信じられない気持ちでいっぱいだ。どうしたらあんなに小さな子をゴミ箱に捨てられるんだ。かわいそうに…。」

赤ちゃんはその後、このアパートのメンテナンスを担当しているリック・シャルドンさん(Rick Chardon)らによって救助され、地元の病院に搬送された。リックさんは「赤ちゃんは寒さで酷く痙攣していた。こんなことをして人の命を何だと思っているんだ。正気とは思えないね。一生忘れられない事件になったよ」と戸惑いを隠せない。ただ赤ちゃんの容態は安定しており、命に別状はないという。

この事件で警察は、赤ちゃんのベビーシッターだったアンディアナ・ベレズ(Andiana Velez、24)を逮捕し、事件当日にアンディアナが赤ちゃんの母親とガソリンスタンドで口論になっていたことを明かした。警察によるとアンディアナはその日、ナイフで母親の顔を傷つけて、赤ちゃんを車に乗せたままガソリンスタンドから逃走。母親からの通報を受けた警察がアンディアナの行方を追っていた。

赤ちゃん発見後間もなく逮捕されたアンディアナは、次のように供述しているという。

「あの日、赤ちゃんの両手に酷い火傷があることに気付き、母親を責めた。母親に『誰にも言わないで。言ったら、あなたのせいにする』と脅された。口論になり母親にナイフで襲われたのでやりかえしたが、怖くなって逃げた。赤ちゃんの火傷を医者に見せようと病院に行こうと思っていた。でも結局、アパートのゴミ箱に捨てた。誰かが発見しれてくれると思っていた。」

なお母親は「ナイフを持ち出したのはアンディアナだ」と話しているそうで、警察は「アンディアナの供述に嘘がないか、また赤ちゃんの火傷の原因は何なのか、ナイフを持ち出したのは母親なのか」などについて調べを進めている。

アンディアナは精神的に非常に不安定で医師のセラピーを受けており、一部報道では「ドラッグに手を出していた」とも伝えられている。現在、保釈金50万ドル(約5270万円)で拘留されているアンディアナの裁判は、今月30日に予定されている。

ベビーシッターの事件は後を絶たず、今年5月にはイギリスで13歳少年の子を身籠った人妻のベビーシッターに懲役2年半の有罪判決が言い渡された。また昨年9月にはアメリカで6度の流産後に授かった2歳児をベビーシッターが車内に置き去りにして死亡していた。

画像は『Mirror 2020年10月15日付「Babysitter, 24, ‘dumped eight-month-old girl in bin’ after ‘attacking her mum’」(Image: New Haven Police Department)(Image: Google)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/18 5:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • おまえ嘘しか言えんのか

  • あきひろ

    10/19 20:54

    そのようですね(笑)

  • しん

    10/18 21:27

    GREEって、こんな女性軽視や女性差別とも取れる、コメントを容認するのか❓

記事の無断転載を禁じます