膳場貴子アナ 学術会議梶田会長に「拍子抜け」…当事者のトップが説明すら求めず

拡大画像を見る

 膳場貴子アナウンサーが17日、TBS系「報道特集」に出演し、日本学術会議の梶田会長が菅義偉首相と面会したものの、同会議が推薦した6人を拒否した理由の説明を求めなかったことに「拍子抜けしてしまいました」と述べた。

 番組では、16日に官邸で、膳場アナが梶田会長に質問している映像を流した。膳場アナは「6人の任命拒否が明らかになってから初めてお会いになる。具体的にどういったやり取りを」と尋ねた。

 梶田会長は「6人の件ですか?これについては今日の主要な目的と思っては…もちろん重要なんですが、こういう機会なのでむしろ学術会議のあり方などについて意見交換をさせていただきました」と答えた。

 梶田会長が、任命拒否の理由について総理に返答を求めなかったことに膳場アナは「日本学術会議の設立の経緯を知るほど、今直面している任命拒否の事の重大さが浮き彫りになってくる気がする。そんななか、急きょ菅総理と面会することになった学術会議の梶田会長については正直、拍子抜けしてしましました」と述べた。

 膳場アナは「当事者のトップとして要望書を携えていったのに、総理に任命拒否の説明すら求めなかったわけですから」と語った。

関連リンク

  • 10/17 18:57
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます