街で見かけた“マスクつけない派”の主張「自由でいたい」

拡大画像を見る

 マスク着用の「お願い」が溢れている。緊急事態宣言から約半年、一日の感染者が100人を切るなかでマスクをつけない人も増えてきたが、彼らはマナーのない迷惑者なのか? 東京を代表する3つの街で、ノーマスクを貫く100人にその理由を聞いた。

◆コロナ疲れでつけない若者、同調圧力で外せない中年

「マスクをしていない理由か~。4月にコロナに感染して、抗体持っているから必要ないっしょ」(21歳・ホスト)

 コロナ報道でターゲットにされた“夜の街”、そして“若者”が集う新宿歌舞伎町で、暇そうなホストがそう吐き捨てた。クラスターが多発した歌舞伎町は敏感になっているかと思いきや、歓楽街を歩く5人に1人がつけておらずノーマスク率は17%という高さに。

「未知すぎて完全防備できないから面倒くさい」(24歳・ホスト)、「マスクだけでは防ぎようがない」(22歳・居酒屋)、という自暴自棄な声が目立ったのは、コロナ疲れに起因しているのか。

 心理学の視点から“日本人のマスク着用率”に注目する心理戦略コンサルタントの山本マサヤ氏はこう分析する。

「もちろんコロナ疲れはありますが、ここに来る人たちは、“嫌なものは見ない”という都合のいい情報だけを集める“正常性バイアス”が働いている人が多いような気がします。“マスクをつける必要がない理由”をどんどん集めてしまい、それを自分の中で正当化していく。

 また、この街はサラリーマンと違い“一個人”で戦っている人が多いだけに、『俺は俺のやり方でやる』『面倒くさいからつけない』と、自分ルールを貫いているのも要因のひとつだと思いました」

 続いて調査したのは、若者の街から“お年寄りの街”である巣鴨へ。コロナは年齢が高い感染者ほど重篤化しやすいだけに、メイン観光地である巣鴨地蔵通商店街は以前に比べて人はまばらだ。そんななかでもノーマスク率は650人中56人。およそ9%がつけていない。

 理由は「だって俺、元気だもん」(78歳・無職)、「コロナ? 俺には関係ない」(74歳・無職)など、根拠なき無敵感を醸し出してきたり、「マスクがマナーになっているのが地味に嫌」(69歳・自営業)と、反発の声も多い。山本氏はこう分析する。

「歌舞伎町と巣鴨は一見共通点はなさそうなのに、『自由でいたい』『自分で選択したい』っていう気持ちがある。それにみなさん反骨精神が強い(笑)。これは“心理的リアクタンス”といって、何かを強制されると、自由を奪われると思って反発します。とくに価値観が固まりがちな高齢の方に多い」

 その根拠なき自信が、いつか仇にならなければいいのだが……。

◆マスクをしときゃ常識人?暴走しつつある正義感とは

 一方、ノーマスク率が3%と少なかったのは、日本有数の企業の本社が立ち並ぶサラリーマンの街・新橋だ。その希少な人たちに声をかけるも、大半が「実はマスクを持っています」(40歳・医療系)と取り出したのだ。「集団の中でマスクをつけないだけで人間性を疑われる。これって異常な感じがしますよね……」(34歳・飲食)など、マスクは持ちながらも異議を唱える声も多かった。

「組織の一員として働く人々の多い新橋は、同調圧力の集団といえます。感染防止より『誰かに何か言われたら困るから一応持っておこう』と、ただのポーズになっていたり、目的と手段が入れ替わっています」(山本氏)

 確かにつけている人の中にも、「一日中あごにかけていた。つけていないも同然」(41歳・医療機器メーカー)「人目があるときだけあごから口に戻す」(45歳・派遣)という声もあった。「つけないヤツは悪」という風潮が強くなるなかで、人目を気にし “つけているフリ”をしている人々。それもまた事実だ。山本氏は「最近は『マスクをしていない人は攻撃してもいい』と、正義感が暴走しつつあるような気がします」と警鐘も鳴らす。

 自粛警察、帰省警察、そしてマスク警察。マスク一枚をつける側、つけない側もともに息苦しさを感じているのが、今の日本なのだ。

◆ノーマスクを貫く人々の声

▼新宿(夜の街)ノーマスク率608人中107人=17%
※新宿駅から歌舞伎町一番街の看板を通過して入っていく人で計測

「マスクだけでは防ぎようがない」(男性・22歳・居酒屋)
「あんなウイルス怖くないっすもん!」
「完全防備できないから面倒くさい」
「コロナに無関心なんすよ、俺」
「お手上げ放棄状態っす(笑)」
「もうコロナ感染して抗体あるし」(男性・21歳・ホスト)

▼巣鴨(老人の街)ノーマスク率650人中56人=9%
※巣鴨駅側から地蔵通商店街に入っていく人で計測

「つけないよ、だって俺は元気だもん」(男性・78歳・無職)
「俺には関係ないと思ってるよ」
「この暑さでマスクしたら老人は死ぬよ」(男性・83歳・無職)
「マスクがマナーになってるの地味に嫌なんだよね」
「コロナが怖いなら、外に出るなといいたい」

▼新橋(オフィス街)ノーマスク率832人中28人=3%
※JR新橋駅・日比谷口から出ていく人で計測

「マスク着用は常識人アピール、あれが腹立ちますね」(36歳・男性・メーカー)
「外だったら平気でしょ?」
「正直、面倒くさいっすよね」
「まぁ、持っているよ。言われたらつける」
「同調圧力みたいのが嫌」(40歳・男性・医療系)

◆ピーチ航空で降ろされた!マスク拒否おじさんに聞いた「つけない権利も考えてほしい」

 9月初旬、SNSやテレビを騒がせたマスク騒動といえば、格安航空「ピーチ」の機内マスク着用拒否事件だ。北海道の釧路空港発、関西空港行きの機内で、搭乗した客の一人がマスク着用を拒否。同機は緊急着陸となった。真相を “マスク拒否おじさん”こと本人に聞いた。

「健康上の理由で、コロナ騒動の前からマスクはしていません。あの騒動の直前に搭乗したジェットスターでは、ホームページに『着用は必須』との案内がありましたが、空港では『着用が困難な方はカウンターへ』とあったので、申請してマスクを着用しなくても乗務員や他の乗客には何も言われませんでした」

 一方、ピーチは必須よりも強制力の低い“お願い”だった。

「地上の係員からも一切指摘はなかったのに、急に機内で『マスクをしていただかないと、お客様一人を残して飛び立つことになります』など、強い口調で声をかけられ驚きました。乗務員が代わる代わる説明に来ましたが、その理由を求めても人によって答えが変わる。必要なら書面で回答するとも申し出ましたが、『マスクをつけないと、航空機の安全を保つことができない』の一点張りで……」

 そして次第に周囲の乗客たちもヒートアップしていく。

「他の乗客に『気持ち悪い。あっち行け』と暴言を吐かれたり、しまいには感情的になった年配男性が掴みかかってきたり。降りるときは拍手喝采。異様な光景でした」

 着陸理由は、航空法73条の「機内の秩序を乱す安全阻害行為」。果たして、興奮して感情的になったのは、どちらなのか。

「マスクをつけない、つけられない立場の人がいることも考えてほしい。未着用者を過剰に排除する風潮は、ちょっとおかしいと思います」

 マスク狂奏曲は続く――。

【山本マサヤ氏】
心理学の専門家&コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』(河出書房新社)

<取材・文/青山由佳 ミノワリク 加藤浩之(週刊SPA!編集部)>


関連リンク

  • 9/30 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

20
  • 障害者の人達やどうしてもマスクをつけられない人達が居ることを理解してもらいたいです。

  • 街中でマスクをしていない人の8割方が男性。

  • いち(

    10/2 2:35

    泉佐野市は関空の税収を国に取り上げられて困った困ったの苦肉の策だったんじゃないかな?

記事の無断転載を禁じます