木梨憲武の“笑いのズレ”に批判殺到、石橋貴明YouTube合流も近い?

拡大画像を見る

 とんねるずの木梨憲武(58)が9月22日放送の『バナナサンド』(TBS系)の3時間スペシャルに超豪華ゲストとして出演。手加減を知らない手荒い行動が、視聴者の間で物議を醸したようだ。

 バナナマンとサンドウィッチマンは若手のころに『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に何度も出演しており、木梨はお笑い界の憧れの存在。まず、4人だけが知っている“木梨憲武伝説”を披露することに。

 設楽統(47)と日村勇紀(48)、伊達みきお(46)は木梨を称賛するエピソードを披露。しかし、富澤たけし(46)だけは「手加減を知らない!」と訴え、木梨が富澤の自宅にロケに来た際、部屋にヘビを放たれ噛まれてしまったと振り返った。

 続けて富澤は、大事にしているサッカー元アルゼンチン代表・バティストゥータのサッカーユニフォームに「ペレ」とサインしたり、楽天ファンだからとトイレの壁を赤く塗られたと告発。さらに、「寝室で焼き鳥焼いて火災報知器が鳴って、俺、いられなくなって引っ越した」と明かし、「加減をしろ」と訴えた。

■昭和の笑いはもう通用しない?

 また、番組の後半、“すねバーン宣”と題した、スネを棒で叩かれても我慢して自分の新曲を歌い続けるという企画で、女性ADにすねを叩かれた木梨は「痛え!」と叫んで悶絶。そして、日村に「ぜんぜんガマンしないじゃないですか」とツッコまれると、木梨は「最近のテレビの棒ってああなの?」と、昔より固くなっていると訴えた。

 続いて代わりに日村が歌い、木梨が叩き役になると、日村のすねではなく、後頭部を棒で殴打。日村は衝撃でヒザから崩れ落ちると、放心したような表情で「死んじゃいます」と木梨に苦情。伊達が「とんねるずの番組じゃないですか」とツッコむと、木梨は「こうやってやってきたじゃん」と主張した。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「昭和感満載で、久し振りに笑ったなぁ」「さすが、とんねるず木梨憲武! 予想の裏切り方が半端ねぇ、スーパーおもしろい」などと大ウケ。その一方で、木梨の暴走に苦言を呈する人も。

■地上波の笑いに合わせられない?

「今の笑いには向かないな。昔のやり方だよ。時代遅れ」「冗談にしても棒で人の後頭部を叩くとか見ていて本当に不愉快」「自由奔放さを笑いとして受け入れていた時代はもう終わっているということに気づいていないから、この人はテレビで需要がなくなった」などと、木梨の笑いは時代に合っていないという声が多かった。

「コンプライアンスを守りつつ笑わせる、お笑い第7世代の“優しいお笑い”に比べると、木梨のお笑いは後輩いじめに見えてしまうかもしれません。木梨は相方の石橋貴明(58)とともに、地上波の笑いに合わせられなくなっているのかもしれません」(お笑いライター)

 一方で石橋は、地上波では難しくなったやりたい放題の動画をYouTubeで連発し、大人気となっている。いまだに石橋と木梨のYouTube共演はないが、木梨もYouTubeのほうが、その持ち味を発揮できるのかもしれない。

関連リンク

  • 9/29 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 剣飛竜

    9/30 7:32

    よくグリコメ民は異常だの、ここで、多くの人と価値観や倫理観がズレている事に対して、「俺が正常でGREEがおかしい」という主張を貫いているよね、それなら、君の価値観と合わないんだから、GREEは君には相応しくない場所という意味ではないかな。なので、合理的に考えて、他所に行って他所でコメントした方が、君の為にも良いのではないか。

  • コメントするとGREE止めろとか言われんの? まぁ記事無関係にただユーザー批判したいだけのクレーマーの戯れ言だからどうでもいいけどワラ

  • シュテるん

    9/29 21:45

    昔から微妙だったわ

記事の無断転載を禁じます