竹内結子さん急逝、「中山秀征の驚きの声」が物語った「日曜朝の訃報」衝撃

拡大画像を見る

 日曜の朝、あまりにも衝撃的な突然の訃報で目を覚ました人も多かったのではないだろうか。

 9月27日午前2時前、東京・渋谷区の自宅マンションで女優の竹内結子さんがぐったりしている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。関係者によると、5歳年下の夫・中林大樹が発見、119番通報した。現場の状況から自死を図ったと見られている。遺書は見つかっておらず、スポーツ報知によると関係者の話として「夫が竹内さんを最後に見たのは、発見する10分ほど前だった」という。

 竹内さんは今年1月に第2子を出産。9月1日に都内で行われた「サッポロ一番 おうちで偏愛フェス」キャンペーン開始式に第2子を出産後初めて公の場に登場。「お湯を沸かすのもハラハラと見守っていた息子が、自分で(ラーメンを)作るようになった。夫と一緒に夜食を囲んで男(同士)の話をしたり」と、14歳の長男が成長したエピソードをみずから明かしていたばかりだった。

「竹内さんの訃報の速報を報じた27日の『シューイチ』(日本テレビ系)では、アナウンサーが速報を読み上げている途中で、画面に映っていなかった番組MCを務める中山秀征が『えっ…?』と太く低い声をあげているのが聞こえました。中山と同じ驚きの声が日本中からあがったのは間違いないでしょう」(女性誌記者)

 育児に専念するため、出産後も仕事をセーブしており、撮影の決まっていたドラマ、映画などはなかったという竹内さん。明るい笑顔が印象的なトップ女優の突然の訃報に日本中が悲しみに沈んでいる。

関連リンク

  • 9/28 17:35
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • まる☆

    9/30 12:32

    旦那さんが目をはなしたほんの10分ほどで…とか。病気だったのかな。15才の息子は思春期なのに。赤ちゃんや旦那様は…何を思っていたのかなあ。残したものが多すぎる

  • 剣飛竜

    9/30 6:06

    家族に自死されると、残された遺族の苦悩と葛藤は、一生続いていく事になる。特に残された年頃のお子さん精神状態が心配でならない、周りにメンタルケアをしてあげられる人が居るのだろうか、今はコロナの影響で、ストレスで鬱積した思いを抱えてる人は沢山居るのだろう、少なくとも自分の家族、友人達等身近な人のちょっとした変化に、気を配り、相談に、乗ったり話を聞いたり、ゲートキーパーの役割を果たせたら良いとは思うが

  • 私はこの件とてもじゃないけど信じられてません。そうですよね、このサバサバされた明るい女優さんが?無理ですムリです。春馬さんの時と違って心に軽くフタをして防御するのを少しずつ覚えました。把握しないことにします。まだいらっしゃると思うことにします。

記事の無断転載を禁じます