King & Prince“岸優太イジメ動画”に波紋!「見ててつらい」「面白くない」時代錯誤な“イジり芸”で冠番組も炎上の予感

拡大画像を見る

 今後のジャニーズを担うであろうスター候補生たちも、バラエティ的な振る舞いは少々苦手なようだ。

 嵐やTOKIOなど、人気グループが岐路を迎えているジャニーズ事務所。「帝国崩壊」が心配される一方で、若手たちの成長も目覚ましい。中でも、2018年にデビューしたKing & Princeはほかのアイドルより頭ひとつ抜けた売り上げを叩き出しているともっぱらだ。

 しかし、そんなキンプリのファンから悲鳴があがっている。問題になっているのは、ファンクラブ会員向け動画の内容だ。9月26日に公開された動画では、メンバー岸優太の誕生日を祝うと称し「静岡茶ロシアンルーレット」というゲーム企画を展開。岸が飲んだお茶が通常の味のものか、罰ゲーム用の苦いものか、ほかのメンバーが当てるという単純な内容だったのだが……。

「件の動画は苦いお茶を飲む岸を、メンバー4人がイジるという内容になっており、これが『イジメのように見える』と一部のファンから苦言が出ているようです。もともと岸はいわゆる“イジられキャラ”がゆえ、過去にも似たような事例でファンが紛糾しており、またかという感じですが(苦笑)。キンプリのファンは10代の多感な時期の子も多いため、色々と気になるのかもしれません」(ウェブメディア・ジャニーズ担当記者)

 動画では<苦いお茶にひとりで四苦八苦する岸と、それを笑って見ている4人><メンバーが妨害するせいでなかなか水を飲ませもらえない岸>といったシーンが続いているのだが、ネット上では面白かったという感想もある一方、「ただのイジメ。見ててつらい」「岸くんかわいそう」「誕生日を祝うと言っておいてこれはひどい」「見ていて気持ちのいいものじゃなかった」といった意見も散見される。

 もちろんジャニーズ事務所がエンターテイメントとして公開している動画だ。「イジメ動画」というつもりはなく制作されたものであろう。しかし、見ている人間がどう感じるかは別の話。この動画を不快に感じた人は、何が引っかかったのだろうか。

 そこで、この動画をバラエティ番組にも携わったことのある構成作家A氏にチェックしてもらった。

「まず前置きしておきたいのが、単純に面白くなくて見るのがつらかったです(苦笑)。僕はこれを見て『イジメだ』と思ったりはしないけど、じゃあ『イジリの芸』として成立しているかといえば、ぜんぜんしていなかった。だから面白くなかったんです。それは岸くんとほかのメンバー、それからこれを作ったスタッフ含め、全員が“ヘタクソ”だったからじゃないかと。バラエティ番組のまねごとをして内輪で笑ってる大学生みたいで寒かったです」

 なんとも辛辣な意見だが、A氏はまず「イジる」とはどういうことなのかを説明する。

「“イジられキャラ”って簡単に使われる言葉だけど、実はそう単純なものじゃない。例えば、芸人の出川哲朗さんや狩野英孝さんなんかは、イジられのプロフェッショナルですが、彼らには全く悲壮感がない。イジられればイジられるほど、輝きを増して面白さが増幅していく。だから見てるほうも安心して笑えるんです。岸くんの場合、本人がイジられるキャラクターを率先してやっているようには見えなかったですね。周りに一方的にイジられて流されてるだけで、すごく受動的。だから痛々しい感じになるんだと思う。

 勘違いされがちなのが、出川さんたちがやってる“イジられ”っていうのは、ただイジってもらうのを待ってるんじゃなくて、自らイジられるように誘導していくテクニックも駆使してるんですよ。能動的に自分がイジられる空気を作っていくのがプロの仕事。素人が“イジる”とか“イジられる”とか、わかった風にマネしても痛々しくなるのは、そのあたりを履き違えているからです」

 年会費を払っているファンだけが閲覧できる会員向け動画ということもあり、どうにも内輪的なノリが空回っているようにも見える。前出の構成作家が続ける。

「周りの4人も“ラクしてるだけ”に見えますよね。ダラダラと進行だけして、イジられ役の岸くんをおいしくしようという感じもない。ただヘラヘラ笑っているだけ。これではイジメっぽく見えても仕方ない。まあ、バラエティ的なテクニックのない子たちにこういう企画をやらせるスタッフの勘が悪いですよね。盛り上げたいなら笑い声のSEくらい入れたらいいのに、それすらしてない(苦笑)。身内向けの動画とはいえ、もう少しファンサービス的な要素があってもいいと思う。例えば、僕がこの企画を成立させるとしたら、最後に4人にもドッキリで苦いお茶を飲ませてオチをつけるとか、それくらいは考えますよ。そしたら岸くんだけが痛い感じも少しは緩和するでしょう。

 あと、そもそも論ですが、今の若い視聴者はテレビが作った“イジリ芸”みたいなものが、もうそんなに好きじゃないんですよ。第7世代の芸人見ても、そういう感じで売れてる子は少ない。キンプリはファンが若いと聞いたので、そのあたりのことも少し研究したほうがいいかも」(前出・構成作家A氏)

 アイドルは歌って踊ることが本分だが、ジャニーズのタレントたちはバラエティ番組で活躍することにも期待されている。嵐なきあとは、King & Princeの冠番組がスタートするといった噂も聞こえてくるが。

「キンプリは岸くんと平野(紫耀)くんがバラエティでも面白いと評判で、冠番組待望論も出ている。しかし、グループ全体としては不安要素が多い。例えばSMAPだと、草彅(剛)くんと稲垣(吾郎)くんがイジられキャラとして抜群に面白かったけど、あれを成立させてたのはやっぱり中居正広のまわしが上手かったから。キンプリには中居くんほどのキレ者がいないんですよ。だからメンバーだけで何かやらせるとダラダラとしちゃう。同じ例でいうと、Hey!Say!JUMPも優れたまわし役がいないから、ハネていかない。キンプリもJUMPと同じコースをたどりそう。冠番組をやるにせよ、よっぽど企画を練らないと成功しないでしょうね」(テレビ局関係者)

 歌って踊れて笑いも芝居もできる──ジャニーズのアイドルに期待されているマルチな能力を、キンプリは身につけることができるのだろうか。

  • 9/28 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • そもそも、イジラレキャラとか、やめてほしい。 そんなん、やる方も、見る方も、なにが楽しいのか、わからない。

  • たまに見かけると岸くん面白いけど、確かに可哀想に感じる時はある。いつも見てるのじゃないから印象だけど、温かい目で囲んであげてって思う。たぶん時代かな?SMAPの時から時代は進んだからイジリが微妙な雰囲気に感じられやすいのかも。…一人、スマイルじゃなくて笑った時の顔が苦手な人います。

記事の無断転載を禁じます