ベッキー「ゲスブーメラン」小倉智昭「無神経」…芸能界HSP祭り!

拡大画像を見る

「最近、芸能界ではHSPの話題で盛り上がりましたよね。誰かがHSPについて発信すると、すぐネットで大盛り上がりになりました」(芸能記者)

 HSPという聞き慣れない単語。それが注目を集めたのは、9月20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が、自身はHSPであると話し、ネット上で大きな盛り上がりをみせたことがきっかけだ。

「HSPとは、“Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)”の略。非常に感受性が強く、敏感な気質をもった人という意味です。この気質を持つ人は職場や家庭などの中で気疲れしやすく、生きづらく感じていることも多いといいます。この気質を持つ人は4〜5人に1人の割合で存在するそうです」(前同)

■HSPに関する本も話題に

 田村は、『ワイドナショー』出演前の2019年12月27日にも「カウンセラリングの先生にHSPだと言われました…(原文ママ)」と投稿している。

「2018年7月24日に発売された、HSP専門カウンセラー・武田友紀氏の著書『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』(飛鳥新社)も話題になっていました。このように少しずつ世間の関心が高まってきている中で、影響力のある番組で取り上げられたため、一気に注目されたのかもしれません」(前出の芸能記者)

 この放送後、芸能人もSNSでHSPの話題に触れ出したのだ。

「タレントのベッキー(36)は、『ワイドナショー』の放送があった9月20日、ツイッターに“HSPだ。わたしも”と投稿。翌21日にも“今日、朝から、脳内でワアーーーーってある事が気になっちゃったんだけど『いや、HSPだからだよ。本来は大したことない出来事なのかも!』って言い聞かせたら、スッと楽になった。知ることができてよかった”とツイートしました」(WEB編集者)

■過去が掘り返されて炎上

 ベッキーのHSPツイートに「私もです。なんだか自分自身を納得できました」「私も同じだと思いました!不安が少し軽減しました!」といった反応もあったものの、彼女は過去の騒動も掘り返される事態に。

「ベッキーの投稿に対して、“場の空気を読みすぎて疲れるような人なら不倫はしないと思いますけど”“ベッキーさんみたいに不倫するような他人の気持ちを想像できない人がHSP…?”や“既婚者と平気で不倫できる女がHSPなわけあるかい!!としか思えない”など、過去の不倫騒動に絡めた意見がかなり多く寄せられていましたね」(前出のWEB編集者)

 ベッキーは、2016年1月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(31)との不倫が報じられ、その後芸能活動を一時休業していた。

「ベッキーの不倫騒動を持ち出した人の中には“ベッキーのおかげで、HSP=自分の気持ちにだけ繊細だが他人の気持ちには鈍感で無神経というのがはっきりしたわ”といった反応まで出てきています。こうしたコメントを見ると、ベッキーが結婚をし、子どもを産んだ今でも、まだ一部の人たちは4年前の不倫騒動のことを重く見ているようですね……」(前同)

■「嘘つき」呼ばわりで批判

 実は、『ワイドナショー』よりも前にHSPについて取り上げた番組があった。

「9月17日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)でもHSPが取り上げられ、HSP診断テストを出演者が実施。小倉智昭(73)や古市憲寿(35)は、どの項目にも当てはまらなかった中、山崎夕貴アナウンサー(33)6個と出演者の中では該当数が多かったんです。すると、小倉が“山崎って嘘つきなの?”“なんか、今の聞くと嘘ついてるんじゃないかなって思う”と山崎の結果を疑ったんです」(前出の芸能記者)

 ネット上では、この小倉の発言に批判が集まった。

「小倉も、明るいイメージの山崎とHSPが結びつかなかっただけのかもしれません。ただ、ツイッター上では、“自分が平気だから人に無神経なんだなって思ったし、想像以上の老害発言で朝からどっと疲れてる”“小倉さんみたいなタイプの人間がHSPを苦しめている”など厳しい声が寄せられていました」(前同)

■演技派俳優にも飛び火

 俳優の要潤(39)も9月22日に「うわ、完全に俺もHSPかも」とツイッターで投稿した。

「要は過去に騒動があったわけでもないですし、この投稿に他意もない。しかし、SNSでは、“もはやHSPって言いたいだけちゃうんか”“こういうのはちゃんと病院行って診断受けてから言おうねぇ”といった反応も見られました。『ワイドナショー』で話題になって、ベッキーが炎上した後だったので、話題のHSPに乗っかってくる感じに嫌気がそしていたのかもしれませんね。要にそんな意図はないと思われますが」(前出のWEB編集者)

 さまざまな意見が飛び交った“HSP祭り”。

「炎上騒ぎもありましたが、“多様性をオープンに出来る世の中が良いですね”“ベッキーさんや要潤さんが堂々と発言される。だからHSPっていう繊細な性格を理解してもらえる”と芸能人がHSPの話題を発信することに勇気付けられている人も多数いるようです。

 これからも影響力のある人が触れれば、HSPについての理解も広がるでしょうし、決して悪いことではないですよね」(前出の芸能記者)

 まだまだいるかもしれないHSP芸能人。今後も告白が続くかも?

関連リンク

  • 9/26 11:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます