宮迫博之YouTubeに蛍原徹が出演拒否、雨上がりファンも発言めぐり対立

拡大画像を見る

 9月19日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、雨上がり決死隊の蛍原徹(52)が出演。相方の宮迫博之(50)と1年ぶりに2人きりで再会したことを明かす場面があった。

 番組冒頭、MCの明石家さんま(65)が「おまえもどさくさまぎれに食事に行くなよ、相方と」とツッコみ。蛍原は宮迫と会ったことを認め、「“会わなアカン”“会いたい”っていうのをお互いに言ってたら、コロナの関係でなかなか(実現しなかった)」と再会が1年ぶりになってしまった理由を説明した。

 そんな蛍原に対し、さんまは「俺らが心配なのは、コンビをどうするかやねん」とストレートに質問。その返答に出演者たちが注目する中、蛍原は「全部、そういうのを含めてですよ、会ったというのは」とコンビ活動の再開について宮迫と話し合ったことを明かした。

■蛍原が「出たくない」と……

 すると、さんまはその際の2人のやりとりを勝手に想像し、2人になりきると「YouTubeに出てくれないか?」「吉本がダメだと言ってます」と宮迫が蛍原にYouTubeへの出演を求める場面を再現。その“YouTube”というフレーズに反応した蛍原は口を一文字に結び、無言となった。

 その様子を見た中川家の中川礼二(48)が「ちょっと当たったんちゃいますか?」とツッコむと、さんまは「当たった、当たった」と大喜びしていたが、蛍原は「YouTubeに限っては、僕が今“出たくない”って言うてるほうですよ」とあくまで自分の意思で宮迫のYouTubeチャンネルに出演しないことを明かした。

■雨上がり決死隊はもう終わり?

 しかし、さんまは吉本興業からNGを出されていると思ったようで、「会社がアカンって言うてんねんっていうこと?」と蛍原にあらためて確認。だが、蛍原は「いや、そうじゃない。僕が出たくないっていうことです」「会社がダメとか言ってないですよ」と吉本興業の関与を強く否定し、さんまを驚かせていた。

 こうした蛍原の強い意思表示に、一部の宮迫ファンからは怒りの声が続出。宮迫を突き放した発言だと捉えたようで、ネット上では「蛍原さんがまず、宮迫さんと雨上がり決死隊のファンに歩み寄ることが大事」という意見のほか、「ぶっちゃけ蛍原っているのかな?」「蛍原は、1人だと何ができるの?」など、八つ当たりとも思えるコメントも相次いでいた。

 その一方で、蛍原のファンからは、YouTubeをメインに活動する宮迫に対して厳しい意見も。「ホトちゃんのためにも、YouTubeはいったんやめるべき」「当の本人は気楽だわなぁ。YouTubeやって曲だして」「テレビ番組など蛍原さんだけで違和感なくうまくまわってる印象」などといった声が数多く上がっていた。

 ファンの間に亀裂が生じ始めている雨上がり決死隊。このままでは、コンビとしての活動再開が難しいどころか、最悪の場合はコンビ解消さえあるかもしれない。

 はたして2人の運命はーー?

関連リンク

  • 9/26 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 蛍ちゃん1人で雨上がり決死隊でいいんだし、早くお荷物は切り捨ててピンでやればいいのに。ネタになるから引っ張ってんのかな。

記事の無断転載を禁じます