草なぎ剛、心境告白でバレた“SMAP奇跡の復活”の「完全消滅」!

拡大画像を見る

 新しい地図の草なぎ剛(46)主演の映画『ミッドナイトスワン』が9月25日に公開される。草なぎがトランスジェンダー役を演じた意欲作で、公開前からのプロモーションも話題になっていた。

「公開を翌日に控えた9月24日、草なぎは情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、香取慎吾(43)と稲垣吾郎(46)から、演技を絶賛されたことなどを話して、話題になりました」(テレビ誌ライター)

 草なぎは、同日発売の『週刊文春』(文藝春秋)にも登場。映画で演じた凪沙として巻頭グラビアの『原色美女図鑑』、さらに巻末グラビアでは“タレント・草なぎ剛”としてインタビューに答えた。

「草なぎさんはインタビューでは、SMAPについても触れられているんです。草なぎさんはインタビューでSMAPについても触れている。中でも注目なのは、インタビューのラストにあった回答。草なぎさんは、SMAPのメンバーは強い個性があり、グループとして長きにわたって活動していたことに感心しつつ、それが“奇跡”だと表現しました」(芸能プロ関係者)

■「奇跡」はもう起こらない?

 前出の芸能プロ関係者は続ける。

「“奇跡的”に一緒に活動していたメンバーたちが離れ離れになり、再びその“奇跡”を起こすのは難しい……。草なぎさんのコメントは、解散後、幾度となく噂されてきたSMAPの再結成はない、そう思わせるものですよね」(前出の芸能プロ関係者)

 ネット上にも「文春のインタの彼の最後の言葉が刺さった。本当に別れた、戻ることはないって」「『(SMAPは)5人一緒でないと!』っていうタイプの人には致命的に刺さっちゃうよね、今回の言葉は。僕個人、5人の応援をやめるつもりなんて全くないけど『再結成との距離感』については、一度しっかり考えないとな」とのコメントが寄せられている。

「SMAPは、2015年から『日本財団パラリンピックスペシャルサポーター』に就任。解散後は、新しい地図の3人が役目を引き継いでいます。この縁でパラリンピックで再結成がある、とささやかれていました」(女性誌記者)

■大物のブログでの一言で加速

 2019年7月、ジャニーズ事務所が新しい地図の3人を出演させないよう、テレビ局に圧力をかけたとして、公正取引委員会をから注意を受けたとの報道があった。

 これを受けて同年7月23日、日本財団の笹川陽平会長がブログで「独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである。東京パラリンピック大会を成功させるためにも、早急に(新しい地図の)3人のテレビ復帰を実現させてほしいものだ」と投稿し、話題を呼んだ。

「笹川会長は、政界にも顔が利く人物です。そんな人がブログで元SMAPの3人についてブログで触れたたため、新しい地図、に対するテレビ局などの姿勢に大きな影響があったと考えられます」(前出の女性誌記者)

 そして、2020年3月、中居正広(48)がジャニーズ事務所から独立したのも大きなポイントになったという。

「中居は、ジャニーズと良好な関係を維持したまま独立しています。ジャニーズはSMAPの曲の権利を所有していて、SMAPとして動くにはジャニーズとの交渉も必要です。中居は、新しい地図とも関係があり、ジャニーズとも関係も良いため、彼が双方の架け橋になれる可能性が言われました」(前同)

■パラリンピックで中居と新しい地図が共演!?

 中居は新しい地図の3人を気にかけ、知り合いのテレビ関係者に「3人に番組を持たせてやってほしい」と打診していた、との報道もあった。

「中居が退所を発表した記者会見で、退所報告を元SMAPメンバーに送ったところ、木村拓哉(47)を除く3人から返信があったといい、新しい地図との距離が近いことがわかりました。そのため、中居が独立した4月以降、木村を除く元SMAPの4人が共演する日は近く、その再共演の舞台はパラリンピックになるという話もありました」(前出の女性誌記者)

 中居と新しい地図の共演となれば、あとは木村のOKさえ出れば、SMAP復活となったはずが――。

「木村さんと中居さんは、SMAP解散前からたびたび、不仲が報じられきました。そして、再結成に向けての行われることになった協議の直前の段階で、その両者が互いに“どうしても無理”となってしまったそうです……」(前出の芸能プロ関係者)

■報じられた『SMAP×SMAP』木村イジメ

 中居はSMAP解散騒動を振り返り、「あのとき木村が裏切らなければ」と友人に漏らしていたほか、『SMAP×SMAP(スマスマ)』(フジテレビ系)の収録現場で、中居が木村だけにトークを振らないといった“木村イジメ”があったと2019年1月の『週刊文春』が伝えている。

「こうした出来事もあってか、再結成の話が浮上しても両者の溝が埋まらなかったといいます。

 そんな中、新型コロナウイルスの影響で東京五輪・パラリンピックの延期が決定。それどころか、まだコロナ終息の見通しも立っておらず、2021年7月の五輪開催自体も難しいというのが現実的なところ。木村さん、中居さんの溝が開いたまま、五輪の開催そのものが危うくなってきたため、再結成の話自体、立ち消えになってしまったそうです」(前出の芸能プロ関係者)

 芸能プロ関係者は続ける。

「中居さんと木村さんの関係修復ができないという話ですが、今回の草なぎさんのインタビューが、“SMAPの再結成はない”ということのダメ押しになったのではないでしょうか。噂レベルの話ではなく、本人の口から“メンバーが一緒にいたのは奇跡”と言われてしまった以上、もう再結成の希望はないのでしょうね……」

 国民的アイドルグループの復活話は、幻のまま終わってしまうのだろうか……。

関連リンク

  • 9/25 7:57
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 3~4年前に活動休止ではなく解散したんやろ? 今さら再結成なんてしなくて宜しいのでは? 大の大人が決めた事を簡単に止めたら信用無くしますよ。それに本人達が望んだ事やろ?ファンなら本人達の意志意見を尊重すべきでは? 本人達のやりたかった事なんでね

  • 事務所がテレビ局に圧力かけるとかは本当に止めて欲しいな※、業界全体のイメージを悪くして、テレビのパワーを潰すだけでは?※

  • SMAP、5人がまとまれたのはマネジャーの手腕が有ったからなんだろけど、また5人での活動は簡単には想像し難いけれど、それが例え何かのイベント限定でも有り得るとしたら!「その目的」「ファン・国民的熱望度」が鍵なんだろな!、日本を元気にするために!世界でひとつだけの花、や代表曲を聞いて勇気にしたい!その想いが5人を動かせれば、有り得るかも?※

記事の無断転載を禁じます