田中みな実「首しわババァ」有吉の口撃で露呈した“メイクではごまかせない年輪”

拡大画像を見る

 美容のカリスマも寄る年波は隠せない?

 9月18日放送の『有吉ジャポンⅡ ジロジロ有吉』(TBS系)にて、番組アシスタントの田中みな実が、有吉弘行から激しくディスられる一幕があった。

「番組では、藤田ニコルが運転免許試験で散々たる結果だったことを報告。それに対し、田中が小馬鹿にしたよう発言をした流れから、有吉が『最低の人間だな。若い人の敵』『腐った大人、腐ったミカン』などと立て続けに口撃。勢いあまって『首しわババァ』との暴言を炸裂させていました。これには田中も苦笑しながら、『ちょっと!最後の関係ないでしょ!』と猛抗議。しかし、図星を突かれていたのか、盛んに自分の首を撫でてしわを伸ばす仕草を見せていました」(テレビ誌ライター)

 昔は良くこういうあだ名をつけていた有吉。もちろん、田中との関係性あっての発言であろうが、ネット上では女性たちから「流石にこれは度を超えてる」「有吉ってなに様? 失礼すぎる」「容姿の悪口とかで、人を傷つけるような笑いは面白くない」とのバッシングが飛び交う事態となっている。

「しかし、一部では『いや、田中みな実見るたびに思ってたよ。首のしわどうした?』『有吉が言ってくれてスッキリした』と、以前から気になっていたという視聴者も。

「数々の美容法を実践し、33歳という実年齢よりも若く見える田中ですが、メイクではごまかせないと言われているのが首のしわです。本人は以前SNSにて、首のしわのケアについて、姿勢を良くする、顔にクリームをつけた後に首まで伸ばすことを挙げていましたが、それでは足りなかったのかもしれません。

 昨年に、ラジオでTBS時代の先輩アナである堀井美香から『ちょっとしわは目立つよね』『ほうれい線はちょっと入ったかな』と指摘され、絶叫する一幕もありました。やはり若作りにも限界があるということでしょう」(女性誌編集者)

 テレビ画面で見る限りでは、まったくわからない田中の首のしわだが、横にいた有吉はその「年輪」にしっかり気づいていたようだ。

  • 9/23 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます