鷲見玲奈、突然の“顔面異変”に心配の声!二重の幅が……

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈(30)が18日にインスタグラムを更新。自身の顔面に起こった異変を報告した。

 この日、鷲見は「ちょっと前に真彩ちゃん(@maayamorinaga)とお出掛けした時の写真」「服も髪型もそっくりだった 近場だったけど、ゆっくりできたおかげでちゃんとリフレッシュできました」とコメントし、女優の守永真彩(29)とのツーショットや、テラスのような場所でくつろぐ写真を投稿。続けて「ちなみに左目は結膜炎で腫れています」とも説明。写真の鷲見の左目は、二重幅が広がって腫れているように見える。

 この投稿を見たファンからは「景色もいいし友達と一緒だし気分転換には最高だね」「そっくりなお二人さん 色っぽいな」「新しいグラビアかと思うほど、ステキなショット」「お姫様2人だね」といった反響のほか、「ちょっとお疲れが、目に出ましたか。忙しかったですもんね」「左目はお大事にしてくださいね」「確かに左目腫れてますね…お大事にです」「結膜炎早く治ると良いですね 目お大事に」と心配の声も相次いだ。

■鷲見玲奈、『週プレ』『ヤンマガ』でもセクシーに大活躍

 このところ、『週刊プレイボーイ』(集英社)や『週刊ヤングマガジン』(講談社)などで表紙を飾るなど、大活躍だった鷲見。結膜炎が早く治るよう、しっかり休息をとってほしい。

※画像は鷲見玲奈のインスタグラムアカウント『@sumi__reina』より

関連リンク

  • 9/20 13:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます