ニッチェ近藤がフジテレビ番組Pと婚約…アラフォー女芸人に忍び寄る世代交代の現実

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・ニッチェの近藤くみこが、バラエティー番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の番組プロデューサーと婚約したと発表した。

 12日放送分で近藤は、交際相手についてについて突然告白。同番組を仕切る「藤本プロデューサー」であることが明かされた。これに司会を務める明石家さんまは驚愕。「どうなってるねん?」とのツッコミに、近藤は1年前に番組の打ち上げで出会い、その後交際に発展。周囲に黙って隠密交際を続けていたと明かし「婚約しました」と報告した。すでに同居もしているという。

 お笑い関係者は「相方の江上敬子は今月5日、5年前に結婚した一般人男性との間に第1子となる長男を出産したばかり。近藤もそれに続いての明るい話題でめでたいですね」と喜ぶ一方で、「女芸人も世代交代の時期に差し掛かっている証拠」と話す。

「世間はEXITや霜降り明星など“お笑い第7世代”の台頭が著しく、女芸人もこれは同じです。ガンバレルーヤ、3時のヒロインなどがそれにあたり、いずれもアラサーの年齢。最近ではそれより下の世代のぼる塾も台頭してきている。

 彼女たちが活躍すればするほど、ニッチェの活躍の場は狭まるのが芸能界の常で、そうなると次は“ママタレ”としてやっていくしかない。近藤もギリギリのタイミングだったといえるでしょう」(同)

 次は妻、母親目線で活躍する近藤を見たいものだ。

  • 9/18 10:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます