【ディズニー】美女と野獣エリアがついにオープン!9 月28日(月)開業

拡大画像を見る

株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーランド史上最大規模の開発エリア内各施設を、9月28日(月)にオープンすることを決定した。当面の間は、新施設の利用人数の制限などを実施、慎重に運営するという。

東京ディズニーランド大規模開発は、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にまたがる総開発面積約47,000平方メートルの場所に、約3年もの月日をかけて工事を行い、新施設を導入したもの。

ファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが生まれ、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」やショップ、レストランがオープン。トゥモローランドにはアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」や、ポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」、トゥーンタウンにはキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンする予定だ。

大規模開発エリア内の施設として発表していたファンタジーランドの屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」と公演予定のエンターテインメント「ミッキーのマジカルミュージックワールド」のオープン日は未定。「決定次第あらためてお知らせいたします」とのこと。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 9/17 15:26
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます