デレ・アリがモウリーニョと衝突? 今夏にトレード移籍でレアル加入か

拡大画像を見る

 トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは今夏の移籍市場で同クラブを退団する模様だ。17日にイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 アリは今シーズン、プレミアリーグ第1節のエヴァートン戦にも出場し、クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の元でも順調にプレー時間が与えられていた。しかし、同紙によると両者はトレーニング中に衝突し、アリはヨーロッパリーグの出場メンバーから急遽外されることになるようだ。

 これを受け、トッテナムは早急に同選手の退団を図るようになったという。同クラブは今夏の移籍市場中にアリの売却を望んでおり、他クラブへと逆オファーをかけているようだ。すでに同選手の獲得に対してインテルやパリ・サンジェルマンが関心を示していると伝えられている。

 しかし、中でも最も有力な移籍先はレアル・マドリードだという。トッテナムは現在ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの再獲得を望んでおり、同クラブにアリとのトレード移籍をオファーする模様だ。果たして今夏の移籍市場で、この大型移籍は実現するのであろうか。

関連リンク

  • 9/17 15:17
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます