【川崎・戸塚記念結果】ティーズダンクが差し切り、南関重賞初制覇

拡大画像を見る

 16日、川崎競馬場で行われた第49回戸塚記念(3歳・重賞・ダ2100m・1着賞金3000万円)は、中団でレースを進めた笹川翼騎手騎乗の3番人気ティーズダンク(牡3、浦和・水野貴史厩舎)が、直線で逃げ粘る4番人気ファルコンウィング(牡3、浦和・小久保智厩舎)を捕らえ、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分16秒9(稍重)。

 さらにクビ差の3着に2番人気ウタマロ(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)が入った。なお、1番人気インペリシャブル(牡3、川崎・高月賢一厩舎)は8着に終わった。

 勝ったティーズダンクは、父スマートファルコン、母ビフォーダーク、その父キングカメハメハという血統。惜敗続きに終止符を打ち、南関重賞初制覇を果たした。通算成績はこれで15戦5勝(重賞2勝)。

関連リンク

  • 9/16 20:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます