【1月の誕生石】ガーネットの石言葉と秘められた力

拡大画像を見る

1月の誕生石であるガーネットは、生命力と実りを象徴するパワーストーン。

どんな困難や障害にぶつかっても立ち向かう勇気を与えてくれるので、一途な思いを持って頑張る人や、コツコツと努力を積み重ねる人のお守りとなってくれるでしょう。

今回は、そんなガーネットの石言葉や効果、伝説などについて詳しくお伝えします。

■誕生石とは

誕生石とは、1月から12月まで、それぞれの月にちなんだ石のこと。

自分の生まれ月に割り当てられた石を身に着けることで幸せを招き、災いから身を守ると伝えられてきました。

それぞれの誕生石には意味や効果(石の力)があるとされています。深く知るうちに、きっと誕生石に親近感が湧いてくるはずです。

◇起源・なりたち

誕生石の起源は聖書の時代までさかのぼります。

旧約聖書の「出エジプト記」にあるユダヤ教の祭司の胸当て(ブレスプレート)にはめ込まれた12の宝石を起源とする説や、新約聖書の「ヨハネの黙示録」に記された新エルサレムの城塞の12の土台に飾られた宝石になぞらえているという説があります。

それらが元となり、約1300年前のヨーロッパでは「12種類の石を月替わりで身に着ける」という文化が広がりました。

また、それぞれの月と石が結び付けられるようになったのは18世紀のことで、ポーランドに移住したユダヤの宝石商人が考案したといわれています。

そして、宝石の交易が活発になると、各地で各月の誕生石にばらつきが出るようになってきました。そこで1912年、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるカンザスシティーで開催された「米国宝石組合大会」において、現在のように統一されたのです。

今流通している誕生石はそれをベースに、いろいろな国の風土・習慣に合わせて若干の修正が加えられています。

日本で誕生石が定められたのは1958年とまだ約60年程度の文化ですが、現代の私達にとってはとても身近なものとなっています。

◇石言葉とは

「石言葉」とは、それぞれの石にその特性に合った「象徴的な意味」を付けたものです。

近年のパワーストーンブームの影響によって生み出されたものも多くありますが、ここではオースドックスな「石言葉」をご紹介します。

◇誕生石には意味がある

古代から現在に至るまで、石には力があると考えられてきました。それぞれの誕生石には意味や効果があり、生まれ月のパワーストーンを身に着けることで幸運を呼び寄せるといわれています。

■1月の誕生石:ガーネット

1月の誕生石であるガーネットは、古くから愛されてきた生命力と実りを象徴する石です。

◇石の特徴

ガーネットといえば、赤い石を想像する方が多いと思いますが、実はガーネットとは1つの石の名前ではなく、石のグループの総称なのです。そして、そのグループの石は10種類以上もあります 。

代表的なのは「アルマンディン」と呼ばれるガーネットで、全体的に濃く黒っぽい赤みが特徴です。

その他、橙色の「オレンジガーネット」や緑色の「グリーンガーネット」などもあります。日本では2004年に、奈良県の天川村でレインボーガ―ネットが発見され話題となりました。

◇名前の由来・歴史・伝説

語源は、ラテン語の「granatus(グラナトゥス/種子)」に由来するとされ、日本では柘榴に似ていることから「柘榴石(ざくろいし)」と呼ばれています。

生命力・情熱・実りを象徴する、最も古い歴史を持つ宝石の1つで、旧約聖書にある「ノアの方舟」の伝説では何日も続く洪水の中で暗闇を照らす、ともしびの役割を果たしたといわれています。

古代ギリシャやローマでは「血」を連想させるその色合いから、怪我を防ぐ護符として兵士たちが身に着けたり、貞節や絆の証として恋人に贈ったりしたと伝えられています。

◇石言葉

真実・友愛・忠実

◇ガーネットが持つ石の力

古くから愛されてきた生命力と実りを象徴する石、ガーネットは一途な思いを貫き、目標に向かって日々邁進している人にふさわしいパワーストーンです。

どんな困難や障害にぶつかっても立ち向かう勇気を与えてくれるので、やがてその努力が実り、周囲に正当に評価されるようになっていくでしょう。

デスクワークや物づくりなど、コツコツとした努力や忍耐が必要な時に身に着けるのがおすすめです。

ガーネットにはもう1つ素晴らしいパワーがあります。精神安定剤といわれるほど、メンタル面の浮き沈みを改善する効果があるといわれているのです。

気分が落ち込んだ時にはゆっくりと背中を後押ししてくれ、また反対にイライラしている時には心が安定に向かうようにサポートしてくれます。

◇ガーネットのお手入れ方法

ガーネットのモース硬度(※)は7.5と高く、比較的扱いやすいパワーストーンです。

※モース硬度とは鉱物の硬さの尺度の一つ。1~10まであり、10がダイヤモンドで番硬い。

お手入れする際は柔らかい布で優しく拭いてください。水晶クラスターやセージ、流水、日光浴、クリスタルチューナーなどを用いて定期的に浄化を行うと、よりパワーを発揮してくれますよ。

誕生石はプレゼントにもぴったり

日本ではガーネット婚といわれ、結婚18年目の記念日にガーネットを贈るのが良いとされています。

「一途な愛」「不変の愛」を象徴する石なので大切なパートナーへ贈ったり、石言葉にある「友愛」という言葉通り、仲の良い友達へのプレゼントにしてみたりしてはいかがでしょうか。

ガーネットを手にした皆さまに、たくさんの幸せが降り注ぎますように。

(山本奈央/All Aboutパワーストーンガイド)

※画像はイメージです

関連リンク

  • 9/16 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます