二宮和也、嵐メンバーと亀裂再び!?結婚してもできなかった「3つの事」!

拡大画像を見る

 今年いっぱいで活動を休止するジャニーズの超人気グループ・嵐。

 9月10日には、年内をもって冠番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)が終了予定であることが正式に発表された。フジテレビ系の『VS嵐』も年内終了で調整が進められているという。

 活動休止後、リーダーの大野智(39)は芸能活動をストップさせる方針のほか、櫻井翔(38)はキャスター業をメインに、相葉雅紀(37)はバラエティ番組のMC、二宮和也(37)は俳優、松本潤(37)はアーティスト活動とプロデュース業を主軸にしていくと見られている。

 また、休止後には櫻井や相葉は結婚を発表するのではないかともささやかれている。

 9月15日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、2人に先駆けて2019年11月にフリーアナウンサーのAさん(39)との結婚を発表した二宮が「結婚生活に不満を抱いている」と報じている。

■理想の結婚生活からはかけ離れ……

 二宮は結婚したにもかかわらず、周囲の目を気にしなければならないことに不満だという。

「結婚前はアイドルという立場もあり、2人で並んで歩くこともできませんでした。しかし、結婚すれば一般的な夫婦のような生活ができると考えていたようです。

 ところが、今でも買い物のときなどには2人並んで歩かずに、車で外出する際にも二宮が運転してAさんが後部座席に座るなど、周囲を警戒しているといいます。

 こういった状況に二宮は“こんなはずではなかった……”と漏らすこともあったと『週刊女性』では伝えています。また、こういった結婚生活のストレスからか、仕事の現場でもイライラしていることもあり、嵐のメンバーもそんな二宮に近寄りがたく、少し距離ができてしまっているということです」(芸能記者)

■活動休止後は“現役”から解放

 2019年のドームツアー中に二宮が結婚を発表したことについて、大野、櫻井、松本の3人は猛反対していたという報道もある。

「9月12日に放送された音楽特番『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)などを見るに、現在は年末のフィナーレに向けて5人の関係も改善しつつあると見る人も少なくありません。

 ただ、二宮のフラストレーションも理解できますよね。結婚後は堂々と生活できると思っていたのに、まったく状況は変わっていない。ただ、それは嵐がバリバリの“現役”アイドルだからという面も大きいでしょう。

 ただ、活動休止後となれば話は別。現在進行形のアイドルグループではなくなるわけですからね。一部の過激なファンからは多少の何かあるかもしれませんが、周囲から何か言われても、二宮にしても“もうアイドルじゃないからもう知らない”といった感じで受け流せるのではないでしょうか。

 結婚前後はファンだけではなく、メンバーやジャニーズ事務所からのプレッシャーも感じていたはず。活動休止後はそういったプレッシャーからは解放され、思い描いていた結婚生活、結婚後にやりたかったことができるようになるのではないでしょうか。たとえば、結婚式もそのひとつですよね」(前出の芸能記者)

■結婚式が2度も中止に……

 3月12日発売の『女性セブン』(小学館)では、二宮とAさんが今年1月1日、都心の5つ星ホテルで結婚式を行う予定だったが、前日になってドタキャンしていたと報じている。また、4月30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、このときは、計画を察知したジャニーズ事務所関係者が二宮を説得して、結婚式が中止になったという。

 さらに5月12日発売の『週刊女性』では、この9月にインドネシア・バリ島での挙式計画があった、とも報じている。

「新型コロナウイルスの影響で海外への渡航が制限され、日本から出られなくなってしまった。さらに、終息の見通しも立たないことから、バリでの挙式ができなくなってしまったと記事では伝えています。

 2度にわたって結婚式を計画していたにもかかわらず、催行することはできなかった。コロナが終息するまでは来年以降も大勢が集まる結婚式は難しいかもしれません。

 しかし、以前からAさんは“結婚式願望”が強く、入籍前にも知人に式の司会を依頼したり、ウエディングドレス姿の写真を撮影し、スマホに保存していたといいます。二宮はAさんのためにも結婚式を挙げたいという思いでいるのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

■2021年はNYで生活か!?

 3月12日発売の『女性セブン』では、二宮とAさんは活動休止後、ごく近い親族を呼んで、アメリカやヨーロッパでの挙式を検討しているとも報じている。

「アメリカやヨーロッパで式を挙げて、そのままハネムーンに行くという計画もありえます。ただ、この状況ですからそれもやはりコロナが終息してからになるでしょうね」(前出のワイドショー関係者)

 まだ二宮は、アメリカ・NYでしばらく生活することも検討しているとも言われてる。

「活動休止後、俳優を中心とした活動をしていくうえで、本場ブロードウェイの舞台などを見る機会を増やして、演技の幅を広げたいという思いがあるようです。また、日本では周囲から隠れるような結婚生活を強いられていますが、NYであれば堂々と普通の夫婦のような生活が送れますよね。

 それに二宮は数年前から現在まで、週に2回ほど英語の個人レッスンを受けているといいます。7月24日リリースのデジタルシングル『IN THE SUMMER』は、歌詞の8割から9割は英語ですが、ファンからは“ニノの発音が劇的に上達している”といった声も上がりました。

 さらに二宮はクリント・イーストウッド監督のハリウッド映画『硫黄島からの手紙』にも出演していますから実績もあります。将来は山下智久(35)ではないですが、海外の映画やドラマで活躍したいという思いもあるかもしれません」(前出の芸能記者)

■「来年はゆっくりしてね!」

 2009年7月の『ポポロ』(麻布台出版社)では、嵐の5人がそれぞれの結婚観や恋愛観について話している。

「子どもは何人ほしいか」という質問に対し、二宮は「そりゃ、子どもは少ないより多いほうがいいでしょう。もし授かるのであれば、奥さんにはできるだけたくさん産んでもらいたいですね」と切り出し、「だって子どもがたくさんいて、にぎやかなほうが家庭も明るくなるし。多少の夫婦のいざこざも、気にならなくなるかも。最低でも3人は育てて、少子化対策に一役かいたいです(笑)」と語った。

「Aさんは現在39歳で、12月には40歳を迎えますから3人というのは難しいかもしれませんが、活動休止後であれば、より堂々と子どもをもうけることができますよね」(女性誌記者)

 二宮は、9月6日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演。

 TOKIOの国分太一(46)とKing&Princeの岸優太(24)とともに、東京23区内でカブトムシを探す企画に挑戦。ノコギリクワガタを見つけた二宮に対し、国分が「(クワガタは)なんて言ってる?」と無茶ブリすると、「“来年はゆっくりしてね!”って言ってます」と返した。

「クワガタが言ったように来年はゆっくりしつつ、これまでできなかった結婚式や新婚旅行、さらにNYに移住して語学を学びつつ、Aさんと海外生活を送る計画があるのかもしれないですね。そしていずれ子どもも、ということなのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 嵐の活動休止まで残り4か月を切った。5人には最後まで力強く走り抜けてほしい!

関連リンク

  • 9/16 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6

記事の無断転載を禁じます