社長の言動でわかる「倒産・リストラするヤバい会社」の予兆TOP10

拡大画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大は収まる気配はなく、経済状況の逼迫は拡大の様相を見せている。企業の倒産は右肩上がりで、厳しい舵取りが予想される。窮地に瀕した会社が出す「サイン」とは何か? 予兆を見抜く術は?

◆倒産経験者300人調査でわかった倒産・リストラの予兆とは?

 社長を見れば、その会社がわかるもの。倒産の予兆を探るには、まずは社長の異変を見逃してはならない。過去に勤務先の倒産やリストラを経験した300人を対象に、アンケートを実施(※詳細は文末参照)。社長について最も多かった回答は「銀行との打ち合わせが増えた」(90人)で、金策に奔走する姿がうかがえる。

 数々の中小企業を相手に資金繰り・事業再生支援を手がけてきた道家健一氏は、社長たちの重症な“資金調達病”を指摘する。

「まず先に本業の立て直しが必要なのに、何が原因で赤字になっているのか現状把握をせずに、『僕の仕事はとにかく資金調達!』と金策に走る社長は多いです。これでは、止血をせずにただ輸血をしているようなものです」

 しかし、輸血も容易ではない。

「社長を社内で見なくなった」(84人)、「社長が終日外出する日が増えた」(66人)という声からは「治療」のために外部の知恵を頼る倒産寸前の社長の姿が見えてくる。

「中小企業の経営者には数字が苦手な人が多く、利益をちゃんと把握できていない。資金繰り表を作ったことがない会社なんてザラで、税理士の協力を得られない会社も多い。

 そうなると、どのように経営改善していいかわからず、社長がコンサルに頼ったりセミナーに行ったりするケースもよくあります。こうしたことも、予兆の一つかもしれませんね」

◆社長が「精神論を言いだした」

 そんな努力が実を結ばないときに陥るのが、「精神論を言いだした」(56人)、「社長が怒る姿を見た」(54人)、社長が「『イノベーション』などカタカナを使いだした」(25人)といった状態だ。特定社会保険労務士の内藤秀和氏はこう分析する。

「これは、一言で言うと『具体的に話さなくなった』、『論理的でなくなった』ということです。もはや自信を持って具体的な経営戦略が立てられなくなっていることが、要因として考えられます」

 自分の会社ももしかして……改めて周囲を見回してほしい。

◆Q.見抜けた倒産・リストラの予兆<社長編>
※300人中(複数回答可)

①銀行との打ち合わせが増えた 90人
②社長を社内で見なくなった 84人
③社長が終日外出する日が増えた 66人
④精神論を言いだした 56人
⑤社長が怒る姿を見た 54人
⑥社長宛てに知らない会社からの電話が増えた 41人
⑦社長が高価な絵や車を買っていた 29人
⑧「イノベーション」などカタカナを使いだした 25人
⑨社長(経営陣)の飲食場所が安くなった 19人
⑨社長が会議に参加するようになった 19人

調査期間は8/25~28、対象は過去に倒産および、早期退職などのリストラを実施した会社に勤めた経験のある30~55歳の正社員・契約社員300人(男女)

【事業再生コンサルタント・道家健一氏】
倒産寸前の中小企業を再建する事業再生の専門家。元ノンバンカーで、債権者の回収活動や不動産コンサルティングにも精通する

【特定社会保険労務士・内藤秀和氏】
メーカー入社以来一貫して人事労務に携わる。大手経営コンサルティング会社を経て、’16年にCSS-consultingを設立

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!9月15日発売号の特集「[会社がヤバい!]を見抜く」より


関連リンク

  • 9/15 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ぱおぱ

    9/18 12:31

    経営が上手くいっててもこんな会社はいっぱい有る。ガテン系に多い気がする。

記事の無断転載を禁じます