哀悼「女優・芦名星さん」――水谷豊『相棒』が迎える重大局面!

拡大画像を見る

 9月14日午前、女優の芦名星さんが東京・新宿区内の自宅で亡くなっているのが見つかった。36歳だった。関係者によると自殺とみられており、警視庁が詳しい状況を確認しているという。

 芦名さんといえば、2013年放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』に出演したほか、今年1月クール放送の『テセウスの船』、元SMAPの木村拓哉(47)と二宮和也(37)が主演を務めた映画『検察側の罪人』など、数々のドラマや映画に出演。

「芦名さんの近年の当たり役といえば『相棒』(テレビ朝日系)の風間楓子ですよね」(芸能記者)

■『相棒』最新シリーズにも出演予定だった

 芦名さんは、2016年から2017年にかけて放送された『相棒 season15』の最終回に週刊誌記者の風間楓子役で登場。

「以降、最新の『season18』まで出演。『相棒』の公式サイトでは、今年10月から2クール連続で放送される『season19』の告知がありますが、ここにも芦名さんの名前があります。

 実は、芦名さんが演じる風間は当初、それほど重要な役どころではなかったといいます。ただ、主演の水谷豊さん(68)が、芦名さんの女優としての能力や人間性を評価して“彼女の役をもっと増やしましょう”とスタッフに提案し、レギュラーに昇格したそうです。

 水谷さんは芦名さんのことを信頼し、とても可愛がっていました。カメラが回っていないところでもバーベキューをしたり、地方ロケの際には一緒に食事をするなど、公私ともに親交があったといい、水谷さんも芦名さんのあまりにも突然の訃報に相当ショックを受けているのではないでしょうか」(制作会社関係者)

■公私ともに順風満帆に見えたが……

 2019年5月には『女性セブン』(小学館)で、芦名さんと俳優の小泉孝太郎(42)との交際が報じられたことも記憶に新しい。

「芦名さんは最近は、グラビアの仕事も行っていました。新たなジャンルの仕事にも挑戦し、水谷さんという芸能界のトップの方からも期待され、今後も女優として第一線で活躍していくと誰もが思っていた。そんな前途洋々にも思えた芦名さんが自ら死を選んでしまった……。7月に亡くなった三浦春馬さん(享年30)同様、関係者やファンの間には大きな衝撃が走っていますよね。

 特に、今後撮影を控えている『相棒』のキャストやスタッフは気が気ではないでしょう。『相棒』のキャストでいえば、『花の里』の初代女将・高樹沙耶さん(57)が降板後の2016年に大麻所持で逮捕。二代目女将の鈴木杏樹さん(50)には不倫が報じられ、三代目相棒の成宮寛貴さん(38)が薬物疑惑が報じられ、芸能界を引退。

 芦名さんの死は前例とはレベルがまったく違う、大変ショックな出来事ですが、今年20年目という節目にもかかわらず、10月からスタートする『相棒 season19』には、危機が訪れていると言えるのかもしれません」(前出の制作会社関係者)

 才能と人柄が愛された芦名星さん。謹んで哀悼の意を表します。

関連リンク

  • 9/14 17:32
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます