お水が180円!?「がんこ寿司」韓国語メニューの誤表記が招いた嫌韓抗議運動

拡大画像を見る

 回転寿司チェーン「がんこ」で、韓国語のメニューの「お水」が180円と表記されていることが発覚。ネット上では「韓国人差別では!?」と批判が殺到し、運営会社のがんこフードサービスが謝罪に追い込まれる事態に発展した。

 韓国語メニューの「お水有料」となっているのが発覚したのは、在日韓国人と思われるツイッターユーザーの投稿がきっかけだった。8月1日、同ユーザーがハングルで「今日おいしくお寿司を食べてから、 最後に気分が悪くなった。水を注文するのにタッチパッドで韓国語メニューには180円。日本語メニューは0円。あっけにとられて英語と中国語メニューも確認してみたが、0円だった」と投稿。

 続けて、こう憤りを綴ったのだった。

「職員を呼んで聞くと、『申し訳ない』と水は無料だと持ってきたが、腹が立ってもう一度抗議した。がんこ寿司。かなり大きなチェーン店で、おいしくてたびたび行ったが、もう二度と行かないつもりだ」

 この投稿は瞬く間に拡散し、投稿を見た多くのネットユーザーが、がんこ寿司に確認や抗議の電話を入れる事態に発展した。さらに、この件は韓国のネットメディアでも取り上げられ、「韓国人差別だ」「日本では変わらず嫌韓が広がっている」とも伝えられている。

 これを受け、「がんこ」を運営するがんこフードサービスは8月4日、ホームページに謝罪文を掲載。「この度、弊社回転寿司エキマルシェ新大阪店、ならびに回転寿司ハルカス店において、タッチパネル上の韓国語表記にのみ、本来無料で提供しております『お水』に対して、180円の誤表記がありました」と説明。「今回の誤表記により、お客様から料金を頂く事案は発生しておりません。当該お客様ならびに皆様に不快感をお与えいたしました事、心よりお詫び申し上げます」と謝罪するにいたった。

「在日韓国人のツイッターユーザーは、水を注文した際に料金は取られなかったようですし、がんこ側が説明する通り、差別的な意味合いはなく、ただの誤表記だったということで間違いないと思います。なお、このユーザーはがんこフードサービスのホームページを通して抗議文を送ったこともツイートしていますが、現在このアカウントは削除されています」(ネットライター)

 韓国語表記に限った話ではない。来年の東京五輪を見据えて、くれぐれも外国語の誤表記には気をつけたいところだ。

(小林洋三)

※写真はイメージです

関連リンク

  • 8/10 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • よしくん

    8/12 11:46

    がんこ寿司っていう所はタッチパネルで水を頼めるんだ。 回転寿司なら自分で持ってくるのが普通だと思ってた

  • トリトン

    8/12 11:45

    韓国のかわりに裁判なしで袋叩きにして韓国に郵便で送ってやれば良いかも喜ぶよ韓国人や国がnoJAPANだからね。

  • 剣飛竜

    8/12 11:31

    NOJAPANって言ってるのに、日本に来て日本の寿司を食って、何に文句をつけてんだよ(笑)

記事の無断転載を禁じます