大倉忠義が“長瀬の次”!?「関ジャニから1人辞める」不穏話の深層!

拡大画像を見る

 関ジャニ∞の大倉忠義(35)が体調不良のため、8月8日に大阪・松竹座で行われた無観客配信ライブ「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」を欠席した。

 8月6日、メンバーの横山裕(39)、村上信五(38)、丸山隆平(36)、安田章大(35)はファンクラブ会員向けに動画を投稿。

 村上は「8月8日のライブに関してお知らせがございます。我々4人のメンバーのジャッジで、大倉くんの体調を考慮しまして、休ませるという判断をとらせていただきました」とコメント。

 さらに「ちょっとこのご時世ということと、いろんな仕事が重なり倒してまして」と説明。安田は「映画の公開や、芝居業務もあったりしてね」と大倉の近況に触れ、横山も「本人が一番ツラいでしょうしね」と続けた。また、丸山も「あまり心配しすぎないでやってください」とファンに呼びかけた。

 関ジャニファンからは「ここのところ、また芸能人の方々にもコロナ感染者が出てるから心配やな。大倉くんは大丈夫やといいけど」「え、大倉くん大丈夫か。コロナじゃありませんように……」「今はコロナじゃなくても免疫下がってたらかかりやすくなるだろうし、たびたびのイベント前の体調不良で大倉くんの精神状態も心配だよ」といった声上がった。

■終わらないストーカー被害

「幸い、大倉はコロナではないようです。8月8日の配信ライブでは4人でパフォーマンスを行いました。大倉不在の中、彼の立ち位置を空けたまま歌うといった演出があり、アンコール曲『Cool magic city』では、大倉の顔がプリントされたTシャツを着て熱唱。無観客ライブを見事やり遂げました。ただ、やはりメンバーのコメントが気になったという人も少なくないのではないでしょうか。

 村上の“メンバーのジャッジで休ませた”といった言葉や、安田の“頑張りすぎ”といった発言を見るに、医者から明確にライブ出演のNGが出たというわけではなさそう。ただ単に体調が悪いとは受け取れないような印象も受けてしまいます。大倉といえば数年前からストーカー被害で心を痛めているという報道もありますからね」(芸能記者)

 大倉は2018年11月8日、Johnny’s web内のブログでストーカー被害を告白。「身勝手な行動が精神的に辛いです」「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」(原文ママ)とつづっている。

 今年1月31日のブログでも「色々と写真を載せたい気持ちはあるけれど、食べ物の写真などでお店が特定されたり場所を特定されたりなどすると、どんな変な方が来るかわからないのが怖い。だから載せられない」という文章とともに、ハッシュタグ「#状況は一切変わってない」と思いを明かしている。

■解散を直談判?

 芸能プロ関係者は話す。

「2019年9月に錦戸亮(35)がグループを脱退し、事務所を退所しましたが、実は、以前から関係者の間では““関ジャニからさらにもう1人退所者が出る”と言われてきたんです。今回のことから考えると、やはりそれは大倉なのではないかと……。4人のメンバーの大倉へのコメントでも、彼への気遣いがうかがえますよね。

 また、錦戸が退所が決まったあと、グループの今後に限界を感じた5人は、“関ジャニを解散させてください”と上層部に言いに行ったという話もあります。その際、彼らは、“辞めたいという意向は分かった。ただ、本当に辞めるまでは5年はかかる”と言われたと……。関ジャニには冠番組もありますし、CMにも出演していますから“筋を通してから”ということなのでしょう。

 加えて、2016年末でSMAPが解散し、嵐は今年で活動休止、来年3月にはTOKIOからは長瀬智也(41)が脱退し、城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の3人は『株式会社TOKIO』を立ち上げて社内独立します。

 さらに、続けて関ジャニまで解散となったら、“ジャニーズ事務所は崩壊に向かっている”と思われかねない。そのため“順番を守って”、関係各所に筋を通してから、グループの今後の展開があるのでしょうね」

■大倉主演ドラマも来年1月クールに

“順番を守る”ということは、長瀬の退所と城島、国分、松岡の社内独立までは、“もう1人”の退所もないということだろうか。前出の芸能プロ関係者は続ける。

「長瀬が3月に退所するので、そこまでは最低限のルールとして大きな動きはないでしょう。ただ、それ以降は別なのではと。

 長瀬は来年1月クールの宮藤官九郎(50)脚本のドラマ『俺の家のはなし』(TBS系)で主演を務め、ドラマ終了後、退所することになります。ただ、大倉の主演ドラマも同じく来年1月に放送されることが決まったんですよね」

 大倉が主演を務めるドラマ『知ってるワイフ』は、本来であれば今年7月クールにフジテレビ系木曜22時の枠で放送される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で石原さとみ(33)主演の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』のスタートが遅れたことで、後ろ倒しになった。

■芝居業務が立て込んでいる理由は……

「『アンサング・シンデレラ』終了後には、深田恭子(37)主演の『ルパンの娘』の続編が放送されることになり、大倉のドラマは来年1月に放送されることに決まったそうです。ただ、早め早めに撮影が進められていて、すでにかなり撮り終えているといいます。加えて、9月11日には主演映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の公開も予定されています。

 安田も大倉について、ファンクラブ動画で“映画の公開や、芝居業務もあったりして”と話していましたが、ここにきて大倉の仕事が立て込んでいるのでしょう。その結果、体調不良になってしまったわけですが、それは、今まさに“関係各所に筋を通すため“の仕事をこなしているとも考えられるますね……。

 ジャニーズ事務所では辞めるにしても順番を守らないといけない。現在の決定事項は来年3月末の長瀬の退所とTOKIOの社内独立。大倉の主演映画はもうすぐ公開され、来年1月から始まるという主演ドラマ『知ってるワイフ』も、来春には終わる――。

 今回のライブ不参加に、そうした事情が加わり、関係者の間で噂になっていた“関ジャニからもう1人出る退所者“というのは“大倉なのでは”という声が持ち上がっているというわけなんです」(前出の芸能プロ関係者)

 来年3月の長瀬に続き、大倉まで……ということになってしまうのか――?

関連リンク

  • 8/9 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • そもそも論として大衆って写真掲載許可もらってないでしょ?あとJウェブ読んでるなら昨日の大倉の文章も載せたら?どうせ各GのFC枠も持ってるんだろうし、関ジャニ∞TVを見てこういうこと書いてるなら本当に卑怯だよな。

記事の無断転載を禁じます