相葉雅紀が“ニノの次“本命に!21年、櫻井翔を「出し抜き電撃婚」ある!?

拡大画像を見る

 8月26日に放送予定の音楽特番『2020FNS歌謡祭 夏』の司会を嵐の相葉雅紀(37)が務めることが同月6日に発表された。相葉は昨年12月に放送された『2019 FNS歌謡祭』(いずれもフジテレビ系)に続いての起用になる。

 フジテレビの大型音楽特番の司会という大役を得た相葉。来年以降のソロ活動にも期待したいが、8月7日発売の『FRIDAY』(講談社)によると、2020年末の嵐の活動休止以降、相葉には不安があるという。

「21年以降、リーダーの大野智(39)が芸能活動を休止、それ以外のメンバーは芸能活動を続けることになっているのですが、記事によると、相葉も周囲に、一度芸能の仕事を休みたいと漏らしているといいます。

 相葉は10月から『天才!志村どうぶつ園』の後継番組である『I Loveみんなのどうぶつ園(仮題)』(いずれも日本テレビ系)のMCに就任することがアナウンスされています。他にも、冠番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)もありますから、活動休止後にいきなり長期的な休止をするというのは、現実的に難しいでしょう。ただ、相葉の休みたい意思が強ければ、短期的な休止や他の出演者に代わりにMCを務めてもらうということはありえるかもですね」(女性誌記者)

 嵐としてデビューして21年。ずっと第一線を走り続けてきた相葉が休みたいと考えるのも無理はない。

「嵐の中で相葉は、主張の強い他のメンバーたちの間に入り、緩衝材のような役割をこなしているといいます。そうしたことが原因でストレスが溜まり、高級車を次々と買い替えることで発散しているとも聞こえてきます。ただ彼が休みを取りたいのは、自身の休養という意味ではなく、プライベートのことで、けじめをつけておきたいのかもしれませんね」(前同)

■すでにA子さんの父は結婚容認か

 相葉は、2019年9月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、当時約7年にわたって交際している女性・A子さんがいると報じられ、記者がA子さんの父親に直撃取材を行っている。

「記事によると、2019年の正月、A子さんの父親のもとに着信があり、その電話口でA子さんが相葉を紹介し、会話を交わしたといいます。A子さんの父親は結婚について“いい大人同士ですから本人たちの判断に任せます”と、結婚を認めるようなコメントもしていて、後は当人達の気持ち次第では、と言われていますね」(前出の女性誌記者)

 嵐のメンバーでは二宮和也(37)が活動休止を待たず、2019年11月に結婚している。

「二宮が結婚を発表する際、大野、櫻井翔(38)、松本潤(36)の3人は猛反対したといいます。相葉も納得していないという報道もありましたが、二宮を祝福するコメントを出していますし、メンバーやスタッフの間に立って、コミュニケーションを取り、二宮さんが孤立しないように調整役として奮闘したという話ですね。

 相葉はかなり気遣い屋さんで、自身の結婚で周囲にどういった影響を与えてしまうかも、とても気にしているといいます。それだけに少なくとも活動休止前に籍を入れることだけ絶対にないでしょう」(芸能プロ関係者)

■“ライバル”の櫻井には不倫報道

 前出の芸能プロ関係者は続ける。

「ただ相葉は、亡くなられた志村けんさんの番組をしっかりと引き継いだことでもわかるように、とても誠実で約束を必ず守る人。A子さんは相葉より1歳年上といいますし、子どものことを考えれば、できるだけ早い決断が必要となってきます。彼は嵐が活動休止になれば、A子さんのためにアクションを起こすのではないでしょうか」

 嵐の活動休止後、すぐに結婚するのではとささやかれているのが櫻井だ。

「7月17日発売の『FRIDAY』(講談社)によると、櫻井は相手の女性をすでに両親にも紹介済みで、来年早々にもファンに向けて入籍を発表するのでは、と報じられています。今年1月の『週刊文春』で婚前旅行が2週にわたって伝えられましたが、少しずつではありますが、結婚に向けて準備を進めているようですよね。

 ただ櫻井は、3月12日発売の同誌で二股疑惑が報じられていました。交際相手が寛大に対応し、破局までには至らなかったようですが、結婚については、もしかしたら少し足踏みとなるかもしれません。

 一方で、相葉とお相手のA子さんの付き合いは非常に長く、相葉は誠実なので信頼関係を揺るがすこともない。また、一切の“匂わせ行為”をしてこなかったA子さんに対しては、相葉ファンも温かい目で見ているといいます。そうなれば、結婚についての障害は何もないわけで、場合によっては、櫻井より早い発表となってもおかしくないでしょう」(前同)

 嵐のメンバーで次に結婚するのは誰か。おめでたい報告を待ちたい。

関連リンク

  • 8/8 9:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます