久保建英の新天地はビジャレアルで決定か…レアルと合意報道、近日中に発表へ

拡大画像を見る

 レアル・マドリードに所属しており、2019-20シーズンはマジョルカでプレーしていた久保建英が、来シーズンはビジャレアルへレンタル移籍するようだ。スペインメディア『アス』が5日に報じている。

 ビジャレアルとレアル・マドリードは5日、久保のレンタル移籍について、買い取りオプションが付随していない1年間のレンタル移籍という条件で合意に達したという。ビジャレアルが久保の給与を負担し、レンタル料を含めた総額では500万ユーロ(約6億3000万円)に達することになる。現在は正式発表を残すのみの状況となっているようだ。

 2019-20シーズンはマジョルカでリーガ・エスパニョーラ35試合に出場し4ゴール5アシストを記録した久保には、スペイン国内にとどまらず国外からも獲得の打診が届いていた模様だ。直近の報道ではグラナダ、セルタ、オサスナなどのクラブもレンタル先の候補として挙がっており、バイエルンも獲得を希望していると報じられていた。それでも、レアル・マドリードは2021-22シーズンには久保をチームに呼び戻したいと考えていることから、「スペイン国内」「買い取りオプション無し」という条件に加えて、「チャンピオンズリーグまたはヨーロッパリーグ(EL)への出場権」を持っているクラブへのレンタルを優先していたという。レアル・マドリードは2020-21シーズン中にブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍を取得するという見込みに基づき、空きが出る外国人枠を久保のために使用したいと考えているようだ。

 ビジャレアルは2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラを5位でフィニッシュし、EL出場権を獲得していた。来シーズンからビジャレアルを率いるウナイ・エメリ監督が久保の獲得を熱望したため、今回のレンタル移籍が実現したという。果たして、2020-21シーズンに久保は黄色いユニフォームを身に纏いプレーすることになるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

関連リンク

  • 8/6 2:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます