「序に」「態々」って何て読むの?知っているのに【漢字にすると読めない単語】5選

Check! 01

借りたものを返すことを意味する「返戻」

「返す」「戻す」と書く「返戻」。
「返戻金」「借りた書類を返戻する」などといった使われ方をします。

何と読むでしょうか?

正解は“へんれい”

お金を扱う仕事に就いている人は業務上、何気なくこの漢字を目にしているのでは?

ビジネスシーンでも使われる言葉なのでこれを機に読み方を覚えましょう!

Check! 02

話し言葉でも使われる「時偶」

「じぐう」と読んだ人も多いのでは。

頻度が低い意味を指すこの言葉は、何と読むでしょうか?

正解は“ときたま”

「時偶〜することがある」などで使用されるこの言葉。

会話では使うのに漢字だと読めない!という人も多かったのではないでしょうか。

Check! 03

8割の人が読めない!「態々」

日常生活であんまり目にすることのない表記ですが、そんなあなたも声に出したことはあるはずです!

何と読むでしょうか?

正解は“わざわざ”

よく使う言葉なのに、漢字表記があるということも知らなかった人、多いのでは?

漢字で書く機会はあまりないかもしれませんが、覚えておいて損はないので覚えておきましょう!

Check! 04

気のきかないさまを意味する「不束」

ストレートに「ふそく」と読んだ人、誤った読み方です。

気のきかないさま、行きとどかないさまを意味するこの言葉、何と読むでしょうか?

正解は“ふつつか”

「ふつつかものですが…」などよく使われているこの言葉。

漢字だとこのように書くと知らない人も多いようです!

Check! 05

おまけの意味で使われる「序に」

主に「一緒に」「おまけに」といった意味で使われることの多い言葉。

あなたもきっと使ったことがあるはず!

正解は“ついでに”

「じょに」と読んでしまった人も多いのではないでしょうか?

普段の会話でもよく使う「ついでに」は実は漢字ではこう書くんです。

あわせて読みたい

関連リンク

  • 8/5 22:00
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます