新潟DF岡本將成が鹿児島に育成型期限付き移籍「全身全霊でサッカーに取り組む」

拡大画像を見る

 アルビレックス新潟は5日、DF岡本將成が鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍することになったと発表した。クラブ公式サイトが伝えている。なお、期間は8月6日から2021年1月31日までとなる。

 現在20歳の岡本は、2018シーズンにトップチーム2種登録、19年にトップチームに昇格し明治安田生命J2リーグ10試合に出場した。

 同選手は移籍に際し、新潟の公式サイトを通じ次のようにコメントしている。

「中学生から指導していただいたアルビレックス新潟のおかげで、ここまで成長することができました。同期加入した至恩、和輝、裕紀と共に切磋琢磨できたことは財産であり、4人そろって出場したいという気持ちがありましたが、このたび育成型期限付き移籍することを決めました。とても難しい決断でしたが、これまで以上に成長した姿を皆さんに見ていただけるように、努力を続けていきます。これからも応援をよろしくお願いいたします」

 また、背番号「3」を着用することがきまった岡本は鹿児島の公式サイトで、意気込みを語っている。

「鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆さん、こんにちは。チームの目標であるJ2昇格に向けて、鹿児島のために全身全霊でサッカーに取り組んでいきたいと思います。応援をよろしくお願いします!」

関連リンク

  • 8/5 20:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます