相次ぐグラビア・アイドルの「コロナ感染」で考えられる5つの危険 鈴木ふみ奈さん、天木じゅんさんが感染を発表

画像はイメージ・イラストです

現役グラビア・アイドルの天木じゅんさん(24)や鈴木ふみ奈さん(30)が、コロナウイルスに感染したことを発表しました。両者は自宅療養中で、現在は快方に向かっているとのことでファンは胸を撫で下ろしたことでしょう。

文字通り、裸一貫のお仕事です。暑かろうが、寒かろうが、風邪気味だろうが、服を脱いで長時間カメラの前で素人ではおよそ無理であろう難解なポーズを取り続ける体力仕事です。所属事務所はもちろん、現場のフォローがあってこそ成り立つお仕事ですが、コロナ感染で懸念しなければいけない点もあります。

関連記事:ブレイク必至 元鉄工所勤務女子グラビアが話題 有村架純似の100センチHカップ美少女が君臨!

撮影現場は意外と「密」です

コロナが蔓延してから数ヶ月が経ちますので、いろんな撮影現場でも様々な予防対策が徹底されていることだと思います。しかし、白ホリなどの撮影スタジオではどうしてもスタッフ通しの距離が近かったりと密になりやすい環境です。撮影を円滑に進めるためには致し方ないことですが、同じ空間にいたスタッフの健康状態が心配されます。

スタジオの従業員・出入り業者

スタジオで働く事務員やカメラアシスタントなどの体調も懸念すべきでしょう。また、お昼ごはんなどを運び入れてくれる出入り業者などとの接触も考えられます。彼らが感染源かうつされた方かは定かではありませんが、そこから別の撮影隊やお客への感染も突き止めなければなりません。

マネージャへの感染の有無

彼女たちほど有名なタレントとなれば、メインのマネージャーに加え、送り迎え・現場マネージャーなど、複数の事務所関係者が携わっている可能性もあります。朝、車で現場へ入ることが多いでしょうから、車内での感染も考慮しないとなりません。他のタレントへの感染なども突き止めなければなりませんね。

DVD発売に伴うイベント・握手会はなかったか

もう着てないやん! と思わせるくらい小さな水着でセクシーな映像を届けてくれるグラビア・アイドルにとって、イメージDVD発売イベントは重要なお仕事です。律儀なアイドルであれば、コロナ禍でもお客様に失礼だとマスクをわざわざ外して握手する人もおられるでしょう。その時に感染者がいたら、または、ご自分が感染していたら……。良い・悪いは置いといて、まずは経路を明確化せねばなりません。

コロナ感染のために受ける誹謗中傷

これは実際のウイルスとは無関係ですが、自粛警察が増える世の中において、コロナに感染した人を「叩く」という風潮が見られます。はっきり言ってナンセンスですが、こういう心無い人間たちの口汚い罵声を浴びて心を弱めてしまわないように、周囲のスタッフの細心のフォローが重要です。木村花さんや三浦春馬さんに続く人を出さない! これを徹底しないとなりませんね。

参考記事:ブレイク必至 元鉄工所勤務女子グラビアが話題 有村架純似の100センチHカップ美少女が君臨!

グラビア・アイドルはとても大変な仕事です。そして彼女たちは一人ではお仕事を出来ません。優秀なスタッフに囲まれて、私たちを癒やしてくれる素敵な写真を撮影しています。一世を風靡した元グラビア・アイドルが「水着撮影は嫌だった」と後年になってインタビューなどで発言することがありますが、それによって売れて今がある…ということをすっかり忘れてしまった浅はかな発言だと思います。

特に、鈴木ふみ奈さんはベテランです。彼女ほど長くこの業界にいて体を張っている人は他に探すのも大変です。きっと細心の注意を払っていたことでしょう。そんな彼女でさえ感染してしまうのですから、コロナ感染は一般の人でもなかなか防ぎようがないのではないでしょうか。

お二人が完治して、また素敵なグラビアを魅せてくれることを待っています。(文◎編集部)

あわせて読む:『たばこ屋さんのお留守番の裏側』をグラビアアイドルの天木じゅんが公開!

関連リンク

  • 8/5 9:50
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます