関ジャニ∞・横山裕、語られなかった亡き母のエピソードに視聴者もらい泣き

拡大画像を見る

 関ジャニ∞の横山裕(39)が、中学生時代の恩師から、自身も知らなかった亡き母とのエピソードを語られ、感動の涙を流していた。

 この様子が見られたのは、7月29日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)でのこと。この番組は、ゲストの“学生時代の同級生”や“お世話になった恩師”などの、「今何をしているか」と調査するという内容。今回、横山は人生を変えた恩師の炭谷先生と再会することに。

 横山の中学時代、炭谷先生は“やんちゃ”だった横山を厳しく指導してくれたそうで、横山の母親からも「厳しくしてください」と言われていたという。また、横山は、先生がクラスメートの前で厳しく叱った後、1人だけ呼び出して「おまえのことを思って、ちゃんと手を出したんだ」と、優しく慰めてくれたと振り返った。

 番組スタッフは炭谷先生と連絡を取り、大阪市淀川区を訪れた。当時37歳だった先生は現在60歳で、定年退職してもう一度、教員として働いており、教師ひと筋36年。現在は中学校の社会科の先生として教鞭をとっており、横山のころと変わらず、生徒たちに大人気だった。

 中学時代の横山の印象を問われると、炭谷先生は「とにかく優しい。友達のためにいろいろしていた」「兄弟にも優しいって聞くし、お母さんは特に大事にしていた」とコメント。スタジオでVTRを見ていた横山は思わず指で目尻を拭うと、「なんで涙出てくる、なんやこれ?」と照れ笑いした。

 そして、横山が知らなかった新事実として、炭谷先生は横山の卒業から数年後、母親と食事に行ったことがあり、そのとき母親から「あのとき(の横山)は学校でも家でも怒られて、母親思いの子だからつらかったのではないか」と、初めて言われたと明かした。

 続けて、炭谷先生は「僕が知っている学校の世界と(は別に)、家に帰ってからの世界や、彼の独自の世界(芸能界)など、知らないことが多いし、今思えば、しんどいときもあったんだろうな」と、横山の苦しみを理解していなかったかもしれないと振り返った。

■母親のエピソードに涙の止まらない横山

 また、母親は「先生、見たって! こんだけもらえるようになったんよ!」と、横山の給与明細を持ってきてくれたそうで、炭谷先生は細かくは見ていないと前置きしたうえで、「これはスゴいな」と思ったと明かし、「お母さんががめちゃくちゃうれしそうで、僕らもうれしかった」と、目尻を下げて語った。

 スタジオでVTRの感想を聞かれた横山は「こんな自分が泣くとは思わなかった。僕が知らん話があったので、ビックリしました。」とコメント。そして「自分がこんな感情になるとは、思っていなかったです」と、涙まじりで語っていた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「横ちゃんの涙にもらい泣きしてしまった」「横山さんの涙でお母さんのことが大好きなのも、お母さんも横山さんが自慢の息子なのも伝わってくる」などと、感動の声が多く寄せられていた。

「横山は男3人兄弟の長男で、母親に女手ひとつで育てられましたが、その母親は10年5月、50歳のときに虚血性心疾患のため、突然、亡くなってしまいました。横山は母親の突然の訃報に大きなショックを受けたものの、関ジャニ∞の全国ソロツアー中で、“仕事に穴は開けられない”と予定通りに出演しています。コンサートのクライマックスでは毎回、母親への思いを歌にした自作の『オニギシ』を歌っていたのですが、この日は途中で涙があふれ出し、歌えなくなっていました」(芸能ライター)

 嵐が活動休止した後、関ジャニ∞はジャニーズを支える存在と目されている。亡き母親や恩師のためにも、横山には頑張ってほしいものだ。

関連リンク

  • 8/5 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます