C・ロナウドがPSG移籍を検討!?ネイ&エムバペとの共演を希望

拡大画像を見る

クリスティアーノ・ロナウドは、いつかユヴェントスを離れてパリ・サンジェルマンでプレーすることを考えている。

『France Football』に掲載されたように、このストライカーは数ヶ月前からこのような考えを頭の中に持っていたという。

フランスメディアが報じているように、ロコモティフと対戦した後の夕食会で、クリスティアーノが2-1で勝利したにもかかわらず、チームのパフォーマンスに満足していなかったことにさかのぼる。
その夜、彼は友人たちに"PSGでプレーする"という話をしたと言われている。

ポルトガル人のクラックは当時、マウリツィオ・サッリとともに疑念が増えた今季のユヴェントスのパフォーマンスに失望し、PSGならネイマールやキリアン・エムバペとともにフォワードラインを形成できることに興奮していた。

クリスティアーノはネイマールとエムバペの両選手と個人的に良好な関係を築いており、彼らと攻撃を組むことに刺激を感じるだろうと語っている。

そしてフランスメディアもその可能性は存在すると報道している。

関連リンク

  • 8/5 8:40
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます