篠原涼子、市村正親と「5か月別居」の裏に2年前の「女の顔」!

拡大画像を見る

 女優の篠原涼子(46)が主演を務めるドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)が絶好調だ。

 7月17日の初回放送では平均世帯視聴率14.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、7月29日に放送された第7話も13.1%と高視聴率を維持。8月5日放送の最終回にも期待が高まっている。

 女優として順風満帆なキャリアを重ねる篠原のプライベートを、8月4日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

 記事によると、篠原は今、夫で俳優の市村正親(71)と、小学6年生と3年生の息子2人とは別居状態にあり、自宅マンションから車で10分程度の家賃80万円の高級マンションで1人暮らしをしているという。

「その理由は新型コロナウイルスだといいます。ドラマの現場でたくさんの人と接する篠原は、過去に胃がんを患ったことがありコロナ重症化のリスクが高い高齢の市村や、息子たちに迷惑がかからないように、3月初旬から約5か月間にわたって別居生活を送っているといいます。

 ただ、篠原と市村には過去に不仲説が報じられたことが何度かありました。出産後、しばらくは大好きなお酒を控えていた篠原ですが、子どもが小学校に上がった頃から飲酒を解禁。夜な夜な飲み歩く姿が週刊誌で報じられ、ときには、“私の仕事を分かってほしいのよ”と市村への愚痴を友人女性にぶちまける場面もあったそうです」(芸能記者)

■別居は事実だが不仲説は否定

『女性自身』が、2人の別居生活について篠原の所属事務所に確認したところ、「コロナ禍の影響で別居していることは事実。しかし不仲が原因ではない。ドラマの撮影が終了したら別居を解消し自宅での生活に戻ると聞いている」と別居の事実は認めたもの、不仲は完全否定し、新型コロナウイルスが原因だと説明した。

「ただ、篠原が1人暮らしを始めたのは3月初頭。たしかに3月頭はコロナが騒がれ出した時期といえますが、約5か月も別居しているというのは、少し長すぎる気もしますよね。過去にはイケメンとの楽しそうな飲み会の様子も報じられ、夫の市村も心配な部分はあるのではないでしょうか」(前出の芸能記者)

 2018年7月の『女性セブン』(小学館)では、篠原と年下イケメン2人が会食を楽しむ様子を報じている。

 記事によると、篠原は三軒茶屋にある焼鳥屋の個室で、20代とおぼしきイケメン2人と食事を楽しんだという。

■日付が変わるまでイケメンと会食を楽しみ…

 終始和やかな雰囲気で、会話も弾んだのか日付が変わる時間まで会食は続き、店から出てきた篠原は少し上目遣いでイケメン2人に挨拶をし、タクシーで帰路についたと『女性セブン』では伝えている。

「ただ、実際には記事以上のことがあった、とささやかれています。聞くところによると、現場で篠原さんが“女の一面を見せた”と……。まあ記事にも、男性側が篠原さんの魅力にメロメロだったという表現がありますからね。

 大いに盛り上がったという飲み会報道から2年、篠原さんは母として妻として、そして女優として順調に生活を送ってきたわけですが、コロナが原因とはいえ、今回の5か月にも及ぶ別居は、少し心配ではありますよね」(芸能レポーター)

 篠原と市村の5か月別居の裏に、コロナ以外の“何か”がないと願いたいが――。

関連リンク

  • 8/5 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます