米津玄師、栄養食品CM出演でのあまりの痩せっぷりに出た苦笑指摘

拡大画像を見る

 シンガーソングライターの米津玄師が、バランス栄養食「カロリーメイト」(大塚製薬)の新CMに起用され、8月1日より全国でオンエアが開始されている。

 CMで使われている楽曲は、米津がこのために描き下ろした新曲で、5日に発売される新アルバム「STRAY SHEEP」に収録されているとのことだ。

「CMではカロリーメイトを手にした米津が金属の犬を連れ添って歩く、近未来風の映像になっています。一時は顔を見せないことで神秘的なキャラクターを演じていましたが、堂々と顔をさらすのは意外でしたね。もっとも、ファンからは『意外とイケメン!』と好評のようです」(エンタメ誌記者)

 ネット上では「まさかCMに出るとは思わなかったな。でも、結構かっこいいじゃん」「なんかずっと横向いてるイメージだな。さすがに正面は厳しいかな」「これから出演増えてくるのかな。しゃべってる声、結構いいね」「この人見るたびスタイルいいと得するなあとしみじみ思う」など、といった意味の声が寄せられている。

 しかし一方で、カロリーメイトはタンパク質や脂質、ビタミンなど5大栄養素を含んだバランス栄養食。そのため見るからにやせ細っている米津の起用に、「これでカロリーメイトを飲んで栄養つけろってことかな?」「こういう栄養食のCMはもっと健康的な人の方がいいのでは? あきらかに米津とはミスマッチでしょ」との声も。

 実に様々な反響が、米津の「CM登場」のインパクトの大きさを物語っているようだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 8/4 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6

記事の無断転載を禁じます