空港内で6時間待機!4ヶ月ぶりに帰国したGACKT、成田空港で受けた新型コロナウイルス検査に厳しい意見「まったく手が足りていない」

拡大画像を見る

 シンガーソングライター・GACKTが自身の公式YouTubeチャンネル『がくちゃん』で8月2日、マレーシアからの帰国時に成田空港で受けた検査の実態を語る動画を投稿し、話題になっている。


 現在はマレーシアに居住し、新型コロナウィルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)も経験したGACKT。そんな彼が8月1日、日本での仕事のため約4ヶ月ぶりに帰国した。成田空港に到着した際に新型コロナウイルスへの感染有無を確認する検査を受けたと言い、動画内でその詳細を明かしている。


 動画は、成田空港の国際線到着ロビーへ出てきたGACKTが「新型コロナウィルス検査結果」と書かれた緑の紙をカメラに向ける場面から始まる。「ネガティヴ(陰性)!」とスタッフに伝える彼は、明らかに安堵した様子だ。飛行機が到着してから検査結果を受け取り、到着ロビーへ出るまでに要した時間は6時間。検査の実施や空港内待機については仕方がないと納得し、「その検査をやる人たちの大変さもわかる」と話すGACKTだが、「段取りも流れもグチャグチャ」と疲れ切った声で訴えた。


 GACKTが乗った飛行機が成田空港に着陸した際、すでに3機の飛行機が乗客を降機させるために順番待ちをしていた。そのため、まずは機内で1時間半も待つことになってしまったという。そして、ようやく飛行機を降りたGACKTの目に飛び込んできたのは、「こんなに近くに座って大丈夫かな?」と思うような間隔で並べられた椅子に座り、名前を呼ばれるのを待っている乗客たちの姿だった。さらに進んだ先のスペースでは椅子の数が足りず、窓の縁に座って待っている人もいたようだ。GACKTはそこで1時間ほど待機したと話す。


 現在、成田空港では、鼻の穴から綿棒を入れて細胞を採取するPCR検査ではなく、唾液を採取するタイプの新型コロナウィルス検査を順次導入している。そのため、以前は3日かかっていた検査結果の通達を当日中に受け取れるようになったのだが、それでも数時間の待ち時間は覚悟しなければならないようだ。


 次の待機場所へ移動した後、さらに40~1時間ほど座席に座って待ったGACKT。動画内では、その時のことを「働いている職員の方達は本当に必死になって動いているような感じなんですけれども、まったく手が足りていないというような状況でした」と振り返る。しかし、検査を受ける間には、非常に込み合って待ち時間が長い手続きもあれば、待機者が少なくガラガラな手続きもあり、「バランスが全く合ってないというか、スタッフの数の配置が間違ってるような印象で……」とGACKTは言う。


 検査を受けてからは1時間ほど待ち、陰性の検査結果を受け取って次の手続きへ。「迎えは誰が来るのか」など職員からの質問に答えた後、入国審査を受け、荷物を受け取り、税関検査場を通って、ようやく到着ロビーに出る流れだ。入国審査や税関検査場での手続きも、従来とは変わっていたと言う。


 今後国外からの到着便が増えた場合のことを思い、「人が必要なところに人がいない。大きな改善が必要なんじゃないかなというような印象でした」と自身の見解を述べたGACKT。出入国の現場で懸命に働いている空港職員に対しては「大変だと思いますが、頑張ってください!」とエールを送り、動画を締めくくった。


>> ScoopieNews の最新記事はこちら


※画像はYouTubeから

関連リンク

  • 8/4 8:55
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます