オードリー若林にタモリ激怒の過去!?「バカにしてんのか!」

拡大画像を見る

 7月28日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)は、先週に引き続き市川紗椰(33)、麒麟の川島明(41)が出演、オードリーの若林正恭(41)と春日俊彰とともにトークを繰り広げた。市川は相撲や鉄道、アニメが好きなど、多趣味で知られるが、趣味が高じて『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に出演することも多いという。若林が「『タモリ倶楽部』とか、みんなののめり込み方すごいっすよね?」と言うと、「そうですね。好きな人しか集まってないので」と市川も同意。『タモリ倶楽部』にはそうした深い知識を持つ人が多く登場するため、若林は「質問するのが怖いもんね」と本音を漏らし、春日も初歩的な質問をしたら「怒られそう」だとコメント。

 若林は過去に、『タモリ倶楽部』で魚を捕まえる「投網」を愛する人たちが登場する回に出演したことがあるといい、「魚捕まえるより投網を投げたときにフワァッて広がるのが好きすぎて、公園でみんなやってるサークルがあって……」「魚捕まえるっていう、この興奮がないわけじゃないですか。“変な質問ですけど、何が楽しいんですか?”って聞いたら、めちゃタモリさんに怒られた」と、サークルの人たちではなくタモリ(74)から怒られたと明かした。

■「変態をバカにしてんのか」

 また若林が、タモリからは「おまえ、変態をバカにしてんのか!」と怒られたと続けると、市川と川島は「変態って言っちゃってる」「正常じゃないことは分かってるんですね」と苦笑した。若林のエピソードに、視聴者からは「投網サークル……」「タモリが怒った話いいな。マニアの味方」「タモリ倶楽部はわかる人が楽しめればいいってスタイルだからね」「タモリ倶楽部はディープすぎるんよw」「あちこちオードリーのゲストにタモリさんを呼んでほしい」などさまざまなコメントが上がっていた。やっぱり中途半端な知識で『タモリ倶楽部』に参加するのは難しい!?

関連リンク

  • 8/4 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます