内村光良『イッテQ』手越祐也の不在に悲鳴、視聴者からも心配の声

拡大画像を見る

 7月26日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、ウッチャンナンチャンの内村光良(56)が跳馬に挑戦。練習で無理をしすぎて体を痛めてしまう場面があり、視聴者から心配の声が相次いだ。

 この日、内村は『イッテQ』のカレンダーを作るカレンダープロジェクトのコーナーに登場。その8月担当として、跳馬の技である“前転跳び1回ひねり”を4日間で練習し、挑戦することになった。

 番組スタッフからこの企画を伝えられた際、内村は「まぁね、分かるよ」と番組の窮状に理解を示すと、「急に俺も仕事増えてきた」とレギュラーを外れた手越祐也(32)の穴埋めに奔走していることを明かし、「頑張りどきだから頑張る!」と気合を入れていた。

 そんな内村のコーチを担当することになったのは、アテネ五輪の金メダリストで、現在は体操男子・日本代表監督を務めている水鳥寿思氏。今回の挑戦について、水鳥氏は「かなりのチャレンジだと思います」と内村にとっては厳しいものになると予想し、内村を苦笑いさせた。

 さっそく1日目の練習が始まると、内村は持ち前の身体能力を生かし、跳馬の技を速いスピードで習得していった。だが、久々の激しい運動に内村の体は悲鳴をあげていたようで、2日目の練習開始前に、内村は「筋肉痛がすごいですね。横になれないんですよ」と激しい筋肉痛のため、熟睡できなかったことを明かした。

 その日、内村はひねりの練習をしたが、左の太ももと首を痛めてしまったようで、翌日の練習開始前には「起きたとき、“休みます”って電話入れようかと思った」と泣き言を吐露。その後も、足に力が入らないことから、この日の練習は途中で打ち切りとなった。そして、練習最終日となる4日目を迎えた内村は練習施設に来るなり患部のマッサージを受け、「先生に聞いたら、4日連続で体操する人はいなんですって。みんな休むんですって。体がぶっ壊れるから」と番組スタッフに不満を漏らした。

■視聴者からは番組批判の声も

 そんな中、満身創痍の内村を見て、水鳥氏は「着地を硬いマットでやろうとすると、ケガのリスクが相当高い」と判断し、柔らかいマットを使うことに。内村はそれを受け、「無理な練習で足やっちゃうし、これでまたひねってごらんなさい。Yahoo!トップですよ。これ以上、イッテQ、問題起こしちゃいけないんです。おとなしくしていたいんです、イッテQは」と苦笑いしながら訴えた。

 そして、本番当日、着地を除く技を披露することになった内村は4日にわたる練習の甲斐もあり、6回目の挑戦で“前転跳び1回ひねり”になんとか成功。このVTRをスタジオで見ていたイッテQメンバーたちは歓喜の声を上げていたが、その一方で一部の視聴者からは練習でボロボロになった内村の体を心配する声が続出。

 ネット上では「ほんと感動したけど、無理しないでほしい」「ウッチャン大丈夫なんか?」「体を張りすぎて心配」などといった反響が相次いだほか、「あんな危険なことは勘弁してあげてほしい」という番組制作側に対する批判の声も上がっていた。

 コロナ禍の影響で海外ロケができなくなったり、手越がレギュラーを外れたりするなど、ここのところ、『イッテQ』はさまざまなトラブルに見舞われている。そうした状況を見かねて内村も体当たり企画に挑戦しているのかもしれないが、年齢を考えると、あまりムチャはしないほうがいいのでは?

関連リンク

  • 8/2 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます