『半沢直樹』視聴率急落が心配される胃もたれ“顔芸&狙いすぎセリフ”

拡大画像を見る

 堺雅人(46)が主演を務める日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)の勢いが止まらない。初回の平均視聴率が22%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)と驚きの数字を叩き出したが、続く第2話も22.1%と好調を維持。ネットニュースやSNSでもバズっているが、今回の『半沢』は大ヒットした第1シーズンとちょっと様子が違うこともあり、この好調さがずっと続くかは、どうも疑わしい。7月26日放送の第2話を振り返り、『半沢直樹』が抱える「懸念材料」について考えてみよう。

 大手IT企業、電脳雑伎集団による買収話を親会社の東京中央銀行に横取りされた、東京セントラル証券の半沢(堺雅人)たち。打開策を考える中、部下の森山(賀来賢人/31)は幼なじみであり電脳雑伎集団が買収しようとしているスパイラルの社長、瀬名(尾上松也/35)に近づく。瀬名は新株を発行して難局を乗り切る計画を半沢と森山に告げるが、半沢たちがスパイラルに肩入れしていることを東京中央銀行の伊佐山(市川猿之助/44)が知ってしまい、半沢たちを執拗になじる。そしてその帰り道、半沢は宿敵の大和田(香川照之/54)と対峙して……という展開だった。

 第2話を見ての素直な感想は、「胃がもたれる」ということだ。2013年の第1シーズンにはなかったお腹いっぱい感が確かに感じられ、まだ第2話なのに、早くも食傷気味になっている。これは筆者だけの感想ではないようで、SNSでも「完全に胃もたれした」「面白いんだけど、本当に胃もたれする。毎週濃すぎやしませんかね?」といったコメントが散見された。この「胃もたれ感」こそ、大ヒット中の『半沢』の大きな懸念材料なのだ。

 胃もたれを感じる原因は簡単だ。まずは過剰な顔芸。ライバルの大和田や、第2シーズンの敵、伊佐山は喜怒哀楽を誇張しまくり、とにかく顔芸を連発している。加えて、スパイラルの瀬名や東京中央銀行の三笠副頭取と、濃厚キャラたちの険しそうな顔が繰り返し大写しされ、もはやコントの領域。第1シーズンでも役者の顔芸は話題となったが、さすがに今回は多すぎるだろう。この顔芸大会はネットで面白おかしく取り上げられている状態だが、笑われているうちはまだいい。濃い味つけの料理はすぐ飽きてしまうように、このやりすぎっぷりがマイナス材料になる可能性がある。

■ツイッターではトレンド1位になったが

 次の胃もたれの原因は、話題性を意識しすぎた面白セリフの数々だ。第2シーズンはネットでバズりたいという気持ちが強いのか、ウケ狙いと思えるセリフが連発されているのだ。

 たとえば、大和田が第1話で放った「恩返しです」は、あからさまに「倍返し」のパロディだし、第2話の「お・し・ま・いDEATH!」なんて、もはやネタレベル。ほかにも、第2話で伊佐山が「詫びろ侘びろ詫びろ」と連呼するなど、ちょっと面白セリフを連発しすぎのような気がする。

 SNSを見ると「今日イチで笑った」という好リアクションがある一方、「うっせーなえんのすけ」と厳しいコメントも見られた。本作をシリアスなドラマとして楽しみたい視聴者にとって、話題性を意識しすぎた面白セリフは邪魔な存在になってしまうだろう。なにごともやりすぎは禁物なのだ。

 視聴率を高めるためにも、ネットで話題になることは、今のドラマに課せられた使命のひとつだ。過剰な顔芸、そして面白セリフの連発も効き、『半沢』は2話連続でツイッタートレンド1位を獲得している。しかし過剰な顔芸もセリフは、ウケが良いと同時に、「ウザい。お腹いっぱい」と飽きられてしまう危険性もはらむ諸刃の剣なのだ。良かれと思ってやっているバズり手法が、ファン離れに繋がった、なんてことにならなければよいのだが。『半沢直樹』本来の魅力である、深いドラマ性や緻密に描かれる人間模様こそ、本当は話題になってほしい。

 いずれにせよ日曜の夜だからこそ、あまり胃もたれはしたくないものなのだが。(ドラマライター・半澤則吉)

関連リンク

  • 8/2 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 脱走兵

    8/2 8:16

    懸念材料ちゃうわ。そのコッテリ感を楽しんどんねん。嫌なら観んな。

記事の無断転載を禁じます