たけし 新型コロナの影響を吐露「世の中が動いてなきゃ自分もやる気なくて」

拡大画像を見る

 タレントのビートたけし(73)が1日、TBS系の生番組「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)にリモート出演し、新型コロナウイルスの悪影響を打ち明けた。

 「たけしさんもリモートになってから、いつもの張り合いなくなりましたよね」というTBS・安住紳一郎アナウンサーの呼びかけに、たけしは「外出られないし、テレビも色んなもん探して見てももう飽きたし。こういう調子悪い時に何か自分の好きなことやれっていうのは、あれウソだね」と切り出した。

 映画監督に絵画や小説など、多才で知られるたけしだが「世の中が動いてなきゃ自分もやる気なくて、停滞してると一緒になって小説書く気もないし、絵描く、ピアノ全部ダメだね。結局動いてないと、自分も動かなくなるわ、これ」と、悩みを吐露していた。

関連リンク

  • 8/1 22:48
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます