え・・・紫外線が怖すぎ。髪へのダメージが予想以上!「夏の正しいヘアケア法」まとめ

Topic 01

どうして夏は髪色が抜けやすいの?

髪は、紫外線を受けると重要な結合であるシスチン結合が切れ、髪内部のタンパク質の構成が変わることで強度が低下し、髪が切れやすい状態になってしまいます。紫外線のダメージは、毛髪表面のキューティクルや、髪の手触りを良くする働きを担っている脂質などにも影響があり、髪が硬くゴワゴワとした手触りに変化してしまう原因にもなります。

この状態でドライヤーやコテで髪に熱を与えてしまうと、更にダメージを与えてしまい、日々のヘアセットの工程もダメージの加速につながってしまうんです。さらに、エアコンなど空調がかなり効いた状態では空気も乾燥しているため、髪のうるおい感も紫外線のダメージがきっかけで失ってしまいます。

こうして紫外線でダメージした髪は、カラーの色素が流出しやすい状態のため色が長続きしません。色が落ちてしまうことで、余計に髪がパサパサに感じてしまい、見た目にも影響が出てしまうんです。

Topic 02

髪を紫外線ダメージから守るための対策が知りたい!

外出時はなるべく帽子をかぶるようにすること! 日々使用するヘアケアアイテムは、紫外線カット効果のあるものを選ぶことも大切です。

外出時は紫外線カット効果のある洗い流さないトリートメントなどで髪を守りつつ、紫外線を浴びてしまった髪には、マイルドな洗浄力のシャンプーや髪内部へのアプローチができるトリートメント等を使ってケアしましょう。

毎日のホームケアを通して、紫外線ダメージを防ぎつつ、ダメージを受けてしまった髪にはしっかりとアフターケアを行うことが髪色キープにつながりますよ。

Topic 03

おすすめヘアケアアイテムを紹介

カラー後のツヤや色を保ちやすくするカラー補修

ヘアカラー特有のダメージケアに特化した、ヘアケアブランド「PROMASTER COLOR CARE」。髪を内部からしっかりと補修することで、カラー後のツヤや色を保ちやすい状態に導いてくれます。

乾燥してパサパサする、髪質が硬くて扱いづらいなど、悩みに合わせて選べるのもうれしい。シリーズ内のアウトバストリートメントは、UVダメージケア効果が含まれているため、外出前に使用するのもおすすめです♡

色持ちをよくするカラーシャンプー

日々のお手入れでは「PROMASTER COLOR CARE」を使ってカラーリングや紫外線によるダメージをケア。併用してカラーシャンプーを定期的に取り入れることで、色味をより長く楽しむことができます。

4色の中から選べる「SOMARCA」は染まりのよさが特徴で、3日に1回程度の使用でしっかりと色味を補充することができます。

詳しくはこちら♡

今回、教えてくれたのは…


K-two EsolaIKEBUKURO 代表 奥村一輝さん

青山・銀座店代表を経て池袋店をOPEN。K-two全店人気1位で、年間4,500名を担当するトップスタイリスト。シャンプー・カラーの開発や、国内外で小顔カットセミナーも行う美容のプロ。

あわせて読みたい

関連リンク

  • 8/1 22:03
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます