街で迷子になった子犬 馴染みの動物病院に助けを求める(タイ)

拡大画像を見る

タイのバンコク郊外サムットプラカーン県にある動物病院「Phuttaraksa Animal Clinic」に7月7日夜8時過ぎ、黒のブル・テリアのミックス犬が現れた。病院前の様子は監視カメラが捉えており、子犬は病院入り口のガラス窓から中を覗いて吠えてみたり、前足で戸をガリガリするなどして必死に何かを訴えているかのようだ。

するとしばらくして子犬の存在に気付いた女性スタッフが入り口の戸を開け、何やら子犬に話しかけている。その後スタッフは一旦戸を閉めているが、「入れてくれ」とばかりに吠え、その場を動かない子犬を可哀そうに思ったのであろう、院内に招き入れた。

『Bangkok Post』によると、同動物病院の獣医サンデン・チョテパナス氏(Saengduen Chotepanus)は他の動物の治療で忙しくしていたが、子犬はサンデン獣医を見つけると嬉しそうに尻尾を振って甘えてきたのだという。

名前こそ思い出せなかったものの子犬に見覚えがあったサンデン獣医は、病院のファイルをチェック。その子犬が生後4か月の“キュー・ングン(Khiew Ngern)”であることを突き止めた。キューは同病院で何度か予防接種を受けており、スタッフはすぐに飼い主のスニー・ブンワラさん(Sunee Bunwara)に連絡を取った。

実はスニーさんはこの日、バンコク市内のレストラン「バイ・マイ・キッチン(Bai Mai Kitchen)」で働いており、仕事中に放し飼いにしていたキューが行方不明になっていた。

スニーさんは「午後2時頃にキューがいなくなったことに気付き、探したのですが見つからなかったのです。動物病院から電話をもらった時はホッとしましたよ」と明かし、こう続けた。

「もう帰ってこないのではないかと諦めていたのですが、キューは迷子になってレストランに戻ることができなくなってしまったのでしょうね。それで産まれた時からお世話になっている動物病院を覚えていて、助けを求めにいったのだと思います。」

スニーさんは連絡を受けてから約1時間後にキューと喜びの再会をしており、この時に撮影された写真では満面の笑みを浮かべていた。

ちなみにこのニュースには、「うちの犬もいなくなって、獣医から『ソファーで寝てますよ』と電話があったことがある」「頭がいい子犬だね」「見つかって良かったね。でも放し飼いにするのはよくないね」「うちの犬は8歳だけど、絶対獣医のところには行かないと思うよ。病院に行くと不安になるみたい」「私は動物病院で働いているの。うちの病院にも、嵐や雷の時にやってくる犬がいるのよ。きっと安全だって知っているのね」といったコメントがあがっている。

画像は『Bored Panda 2020年7月30日付「Lost Dog Goes To His Vet To Ask For Help Getting Back Home」(Image credits: Phuttaraksa Animal Clinic)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 8/1 12:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

17
  • 『ど根性ガエルの梅さん』風の男性が、寿司屋でなく郵便局員の配達係の制服で犬に、じゃれ付かれたり吠えられたり咬まれたり追いかられたり、なイラストと犬を繋いでおくようにお願いのメッセージのポスターや小冊子。覚えてる人いる?(笑) アタシら小学校低学年頃には普通にあったやつなんだけど(笑)

  • 是非ともそうしておいてくださいお願いします、と声をあげポスターを貼りチラシを配り、をやってたのは戦後の、郵便、新聞、牛乳、の配達員のためだよ。都市部の飼い主の意識が変わるのが早くても、地方の町村でそうはいかなかった、番犬が役割を果たせなくしてどうする、の反対意見に新聞屋と牛乳屋はたちまち黙っちまってな。最後の最後まで粘り強く訴え続けたのは郵政省だ。

  • 日本で、いつでも犬を繋いでおくのが当たり前になるのに、何十年かかってると思ってんだ。 都内や主要都市部ではわりと早かったんだが。全国津々浦々となると全然そうはいかなかったんだぞ。 そもそも誰のために繋いでおくようになったのか知ってんのか。もちろんオバQのためでも与太郎のためでもねぇんだよ。

記事の無断転載を禁じます