芸人・亀梨和也は面白すぎ!? 瀬戸康史とコンビで『M-1』出場をファンが熱望

拡大画像を見る

 カッコいいだけの男じゃない?

 KAT-TUNの亀梨和也が主演する映画『事故物件 恐い間取り』が8月28日に公開となるが、ファンが楽しみにしていたのが亀梨の漫才シーン。同作は、“事故物件住みます芸人”松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』(二見書房)をベースに映像化。亀梨は売れない芸人役ということで瀬戸康史演じる相方と劇中で漫才を披露している。

「7月21日に行われた完成記念イベントでは、亀梨が “スベる”シーンについて言及。『何をやっても(お客さんに)響かない。これはホラーだなと(笑)。ありがたいことに、今までの芸能生活でそういう経験はなかったので、ラッキーだったんだなと思った』と笑いを誘っていました。亀梨が関西弁を駆使するのは非常にレアですから、興行的にも大きな売りになったはず。

 ところが、コントシーンについては『完成度が高すぎて……。売れない芸人なのに、面白くなり過ぎて』との理由から監督にカットされてしまったそう。そのため、ファンからは『DVDの特典映像に収録してほしい』『瀬戸とのコンビでM-1に出て!』といった声が飛び交っています」(芸能記者)

 そんな亀梨といえば、先日発売された「週刊女性」(主婦と生活社)の『好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ』ランキングの嫌い部門で、まさかの2位にランクインしている。

「番組で過去のスカートめくりを告白し、大きくイメージダウンしたことが影響しました。1位の手越祐也はジャニーズを退所していますから、実質1位となってしまった格好。とはいえ、いつの世も女性たちが『好きな男性のタイプ』に挙げるのは、『カッコ良くて面白い』が鉄板。今作の芸人役で面白いところもアピールできれば、すぐに好き部門のほうで上位にランキングされるでしょう」(女性誌記者)

 公開前の番宣番組で、「芸人・亀梨和也」がネタを披露することもありそうだ。

  • 8/1 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます