石原さとみが田中圭を一喝!松嶋も戸田も…現場を凍らせた激ヒエ一言!!

拡大画像を見る

 7月16日から放送が始まった、石原さとみ(33)主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)。初回の平均視聴率(世帯)は10.2%、同月23日放送の2話も9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、上々のスタートを切った。

 新型コロナウイルスの影響で撮影が延期され、メインキャストの1人だった清原翔(27)が脳出血で降板を余儀なくされてしまうなど、放送前からトラブルが続出。好スタートでようやくキャストやスタッフもひと安心といったところなのかもしれない。

「7月30日発売の『女性セブン』(小学館)によると、主演の石原はコロナの感染者を1人も出さずに、良い作品を作ろうと緊張感を高めているといいます。そのため現場の雰囲気もピリピリしているそうです」(芸能記者)

 そんな状態の石原は、共演者に“キツい”一言を浴びせてしまった、という。

「石原は、田中圭(36)に対して、“集中してくださいよ……”と言ったそうです。田中は、『アンサング・シンデレラ』だけでなく『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系)と、掛け持ちでドラマに出演をしており、多忙を極めています。それでも大好きなお酒が断てず、2日酔いで現場入りすることもあったとか。そんな田中のゆるさを石原がたしなめた、ということらしいです。結果、田中は2日酔いで現場に入ることもなくなったそうです」(前同)

■関西弁でピシャリ!

 主演女優の厳しい一言で現場が引き締まる。戸田恵梨香(31)は関西弁で子どもたちを黙らせた。

「戸田は、2019年2月に公開された映画『あの日オルガン』の現場で、撮影中にはしゃぐ子役たちに“うるさいねん!”と関西弁で注意し、その場を静めたといいます。プレミア上映会で、このエピソードを共演の大原櫻子(24)から暴露され、“園児たちが関西弁で、私も地元が兵庫なので”と弁明していました」(前出の芸能記者)

 松嶋菜々子(46)は、2019年の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)のロケで現場を凍てつかせた。

「2018年7月の『女性自身』の記事によると、『なつぞら』の北海道・十勝ロケで、松嶋さんが、ヒロインの広瀬すずさん(22)に対して、“ちゃんと台本読んできてね……”とビシッと直言。周囲にいたスタッフは思わず凍りついてしまったというのです。

 朝ドラのロケは稽古とリハーサルが丸1日かけて行われ、撮影も早朝から夜中までずっと行われるタイトなスケジュールだといいます。松嶋さんも、1996年の朝ドラ『ひまわり』でヒロインを演じていますし、一つのミスが貴重な時間のロスに繋がってしまう、ということを知っていて広瀬さんに忠告したのかもしれません。広瀬さんは、松嶋さんからのアドバイスを受けたのもあってか、現地の関係者も驚くほどの熱演ぶりだったそうです」(女性誌ライター)

■「そんなケチくさいこと……」

 一方で、スタッフを困惑させてしまう一言を吐いてしまったのが、小雪(43)だという。

「2012年公開の映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』の撮影では、節約の意味もあって、紙コップの使いまわしを実践していたといいます。しかし、それを見た小雪さんは“そんなケチくさいことできない”と言い、その場が凍りついてしまったそうですよ」(制作会社関係者)

 蒼井優(34)は、2017年に公開された映画『家族はつらいよ2』の現場で怖いもの知らずの一面を見せていたそうだ。

「完成披露試写会で林家正蔵(57)が、蒼井について“山田洋次監督(88)より怖いのは蒼井優さん。悪魔に近いような……人のNGを笑う、勝手に打ち上げの場所を私の家と決めてしまう”とコメント。正蔵は落語家だけでなく、役者としてのキャリアもある。そんな人のNGを笑う蒼井に、スタッフもドキドキだったかもしれませんね」(前出の芸能記者)

 一瞬で、現場の空気を氷点下に。やはり、女優の一言の威力は凄まじいようだ。

関連リンク

  • 8/1 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます