SixTONESの“マッパ担当”田中樹、もろ出し寝起きドッキリにファン興奮

拡大画像を見る

 7月25日放送の『有吉ダマせたら10万円』(フジテレビ系)に、SixTONESの田中樹(25)が出演。ドッキリ企画で見せた姿に、ファンから歓喜の声が相次いだ。

 この番組は、ゲスト出演者が“芸能界一疑い深い男”である有吉弘行(46)に“ウソかホントか分からない話”を披露し、だますことに成功すると賞金10万円を獲得できるという新型バラエティ。今回は、田中と京本大我(25)が登場し、有吉をだますことに挑戦した。

 まず初めに用意されたのが、“寝起きドッキリ”で引っかかった演技をしているのは、田中と京本のどちらかを当てるクイズ。ホテルの別々の部屋に宿泊する2人に寝起きドッキリを敢行したVTRをスタジオで流し、どちらが演技なのか有吉が当てることになった。

 早朝4時、ドッキリのレポーターを務めるゆりやんレトリィバァ(29)が最初に向かったのは、京本の部屋で、まずは合鍵を使って部屋に侵入。ベッドの上には、左腕を腕枕にして寝ている京本のセクシーな姿があったが、起きないのをいいことにゆりやんは洗面台にあった使用済み歯ブラシで歯を磨こうとしたり、財布の中にある紙幣を確認したりするなど、やりたい放題だった。

 そして、侵入から8分後にゆりやんが寝起きドッキリでおなじみのバズーカ砲を発射。京本はようやく目を覚ましたが、すぐには状況を把握できなかったようで、ゆりやんを見るなり、「え? あれ? ゆりやんさん?」と驚きの声を上げ、混乱した様子だった。

■布団の下はなにもつけていない?

 続いて、ゆりやんは田中の部屋に侵入。布団をめくろうとすると、異変に気づいた田中はすぐに目を覚ましてしまう。田中は下半身を布団で覆い、なにも身につけていない上半身をあらわにした状態で起き上がると、目の前にゆりやんがいるという信じられない事態にビックリ仰天。30秒間にわたり放心状態となったが、ようやく状況を飲み込むと、「ちょっとうれしいです。寝起きドッキリでこんな重厚感あるカメラで来るっていう。芸能人の仲間入りできた感じがして、ちょっとだけうれしいです」と冗談を飛ばしていた。

 そのVTRが終了後、ドッキリに引っかかった演技をしているのは田中だと、有吉は回答。見事正解すると、有吉は手をたたいて喜んでいたが、その一方で田中と京本のファンからは2人のセクシーな姿に歓喜の声が続出。特に田中のほぼマッパな姿にファンは興奮したようで、ネット上では「あの姿、地上波流して大丈夫なの? ヒヤヒヤした」「寝起きヤバかったね……」「ムラムラしてきた」などといった反響が相次いでいた。

 田中といえば、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルに投稿された2018年7月6日の動画でも寝起きドッキリを仕掛けられている。寝ている田中の顔の上でSixTONESのメンバーが水風船を割るというもので、ビショ濡れになった田中は浴衣を脱ぎ、何も身に着けていない上半身をあらわにし、ファンからは今回のように歓喜の声があがっていた。

 どんな企画にも体を張って挑み、ファンを喜ばせる田中樹。SixTONESの“マッパ担当”は、この人で決まりかもしれない。

関連リンク

  • 8/1 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます