「杏と離婚」で東出ケジメも…唐田えりか「復活は2万%ない」の絶望

拡大画像を見る

 7月31日、『文春オンライン』が杏(34)と東出昌大(32)が離婚したと報じた。

 東出は、15年に杏と結婚し、3人の子供にも恵まれ「おしどり夫婦」とされていたが、今年1月30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、女優の唐田えりか(22)との3年ゲス不倫が発覚。その後は別居や、離婚の手続きなどが進行していることが報じられていたが、ついに正式に離婚が発表されるという。

「騒動発覚後、東出のイメージは一気に地に落ちました。出演していたCMは4社全部打ち切りになり、桐谷健太(40)とW主演なのにドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)では、CMや番宣にでは極力、東出が映らないように編集されていたり……。“東出を映すな”“東出は見たくない”と大バッシングで、完全に女性の敵となっていましたね」(女性誌記者)

 7月23日から公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(ドラマ版はフジテレビ系)も、コロナ禍で延期されなければ5月1日公開予定だったが、東出騒動の影響で公開前に行われるはずの出演者によるPRでの露出が一切なかった。

「しかし、4月27日に番宣も兼ねてドラマが再放送されたり、7月11日の『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』で、ドッキリにハマりつつも楽しそうにしていたり、同月23日の『ノンストップ!』でバナナマン設楽統に不倫ネタでいじられたり、最近は少しずつ『コンフィデンスマン』絡みでテレビに顔を出すようになりました。映画の興行収入も、26、27の土日2日間で動員28万6000人、興収4億500万円(興行通信社調べ)を記録し、大成功を収めています」(前同)

■ファッションショーにも出演し、復帰しつつある

 6月10日の『文春オンライン』で、アンジャッシュ渡部建(47)が、東出をはるかに上回るとんでもない“不貞行為”を働いていたことが発覚したことから、東出について「渡部よりはマシ」と、相対的に評価が上がったことも影響しているのか、少しずつ仕事が戻り始めているのだ。

 7月7日発売の『女性自身』(光文社)によると、「映画やドラマ、舞台のオファーが数本来ている」「主演級以外でも使えるようになり、起用のハードルが下がった」と報じている。

「今回の正式な離婚が、ある意味でミソギの“締めくくり”のように働く可能性もある。東出に対するオファーも増加するかもしれませんね。杏は家族には会わせる方針のようだし、妻とは離婚することになりますが、再出発のきっかけととらえることもできる。

 3月17日には“唐田と杏のどちらが好きか”という記者の質問に”ここでしゃべることは、妻を傷つけることになる”と最低な返答をしたり、お粗末ではあるものの釈明会見も逃げずに開いたし、雲隠れ状態の渡部とは違い、社会的なスジはいちおう通していますからね」(前出の女性誌記者)

 テレビ以外でも、7月11日には『ヨウジヤマモト オム』が、YouTubeで『パリ・デジタル・ファッションウィーク』の2021年春夏コレクションに、東出をルック画像とコレクション動画に起用したり、東出は少しずつ世間に復帰しつつある。今回の離婚が決め手となって、役者としては再起の道が見えてきたのだ。

■しかし唐田は許されず……

 一方で気になるのは、不倫相手だった唐田だ。不倫報道後、「幸せな家庭を壊した女の敵」として、下手をすると東出以上に非難されていたのは、記憶に新しい。

 本人は騒動後姿を消しているが、7月14日発売の『女性自身』は、唐田の実姉に直撃取材した記事を掲載した。

 現状について実姉は「事務所に任せている」「実家には戻らないが、LINEで連絡はしている」「このまま引退ということはないはずです。それでは本人はもちろん、家族も悔しすぎます」「家族としても女優復帰を応援している」という旨のコメントをしており、その内容がオンライン記事として7月14日の早朝6時にヤフーニュースで配信されたのだが……。

「記事がアップされてから8時間がすぎても、エンタメカテゴリのコメントランキングで断トツトップ。毎時間1000件ほどのコメントがつくほど注目されていて、しかも、その多くが唐田さんを徹底的に批判するものだったんです」(WEBライター)

「杏さんは『悔しい』だけでは済まないと思いますよ!」「ん〜自分が被害者みたいな言い方はどうかと思うな。既婚者と知ってたのだから自制すれば良かった話。」「悔しすぎるのは杏さんのほうです。」などなどバッシングの嵐でコメントは埋め尽くされていた。

■韓国の活躍は日本以上に無理がある

 一部では「韓国で再起を狙っているのでは」という声もあるが、文化を考えるとまず無理だと思われる。

「たしかに唐田は17年から韓国の大手事務所に所属していて、韓国内のCMに出演したり人気を博しています。

 しかし、韓国は儒教文化の影響で不倫は日本以上にタブー視されていて、15年に廃止されるまでは不倫は『姦通罪』として刑罰の対象として扱われているほどだった。そうした文化圏で、唐田が許されるとはとても思えません……」(韓国の芸能事務所関係者)

 実際、4月7日号の『女性自身』によると、韓国で予定していた新CMの話は白紙となり、どのテレビ局や企業からも受け入れ拒否状態だという。

「あの騒動以来、唐田さんは一度も姿をとらえられていない。事務所サイドとは連絡を保っているといいますが、今回、杏と東出が離婚したことで再び唐田さんへのバッシングが拡大しないか心配です。芸の活動への復帰なんて、現状では2万%ないでしょう」(WEBライター) 

 東出にはプラスに働く可能性もあるが、唐田にはますます厳しい状況になりそうな今回の離婚。はたして、3人の運命はどう転がっていくのだろうかーー。

関連リンク

  • 8/1 1:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます