「ヒザから崩れ落ちた」 実家に帰省した女性が驚愕した『ある光景』とは

拡大画像を見る

学生の頃、憧れの先輩や好意を寄せていた相手から、学生服のボタンをもらう女性は一定数いるものです。

そんな青春の思い出の品を、自宅の棚の引き出しや小物入れなどに入れて、大切に保管する人もいるでしょう。

青春の思い出が詰まった『学生服ボタン』の行方

過去にスマートフォンで、憧れの先輩からもらった学生服のボタンを撮影していた、裸の大将レディ(@naochi9252)さん。

ある日、アプリの通知で届いた『7年前の今日』という項目を押したところ、その画像が表示されたそうです。

その写真がこちら。

投稿者さんが7年前に実家に帰省したときのこと。中学生時代に勇気を振り絞って先輩からもらったボタンが、母親のデニムパンツに縫い付けられているのを発見したのです!

「母親のお腹にボタンが付いているのを目撃し、ヒザから崩れ落ちてからもう7年か…」と、写真を見て当時の出来事をしみじみと振り返っていました。

投稿はまたたく間に拡散され、10万件以上の『いいね』とさまざまなコメントが寄せられています。

・こういう使い方があったとは…。

・「ちょうどいいボタン見つけた!」と思ったのかもしれませんね。

・電車の中で吹き出してしまいました!お母様、最高です。

・淡い思い出より、実用性を優先した母親…ナイスですね!

「学生服のボタンも、私の青春として大事に保管されるより、ボタンとしての役割を果たせて本望だっただろう」と、後に投稿者さんはつづっています。

投稿者さんの甘酸っぱい学生時代の思い出は、今も母親のデニムパンツで輝き続けている…かもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @naochi9252

関連リンク

  • 7/31 11:02
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • いち(

    8/2 13:37

    おかん、やるなぁ。

  • あきひろ

    8/2 13:31

    不良だな。

  • 別天津神

    8/2 13:20

    まぁいいじゃない(≧▽≦)www

記事の無断転載を禁じます