桂文枝 死去の南陵さんから、がん闘病の連絡受けていた「余命ひと月や」

拡大画像を見る

 関西を中心に活躍した講談師で元参院議員の旭堂南陵(きょくどう・なんりょう、本名・西野康雄)さんが30日、すい臓がんのため70歳で死去した。

 訃報を受け、落語家の桂文枝(77)が所属事務所を通じて、追悼のコメントを寄せた。文枝は「つい10日前ほどに南陵師からお電話いただきました。例のべちゃっとしたあまったるい声で、多分私は寄席への出演依頼かなぁと思っていたら、実はガンで入院してまんねん。余命ひと月や言われて、いきなりのことで冗談かと、悪い冗談言うのやめとけやって思ったら、どうも本当のようで信じられませんでした」と、南陵さんから病名を告げられていたことを明かした。

 「そのおそらくひと月前くらいにも、コロナのことで国に出演料の補填(ほてん)をしてもらおうとおもてまんねん、みたいな話をしたばかりでしたから、にわかに信じがたく。でも、この時期見舞いにも行けず、それでも2度も病院の場所を言ったのを、たとえこの時期でも行けばよかったと悔やまれます」ともう1度、対面できなかったことを残念がった。

 「いろいろ世話になった人に電話してますねん。電話の向こうの声は元気だったのに」と、南陵氏が親交のあった人物へ最後のあいさつをしていたことを明かした。「個性的な人だったけど、博学で、利休のことを調べてる時もいろいろ教えてくれました」と故人をしのんだ文枝。

 「先代と当代の南陵師をみおくったことになります。コロナ禍が恨めしいです。最後に会えずに旅立つなんて、ありがとう。いろいろおしえてくれて。感謝でいっぱいです。合掌」と結んだ。

関連リンク

  • 7/30 23:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます