畑野ひろ子、“ほぼスッピン”披露に“見たくない”指摘が飛び出した理由

拡大画像を見る

 モデルで女優の畑野ひろ子が7月9日、自身のインスタグラムを更新。白のタンクトップ姿を公開した。

 畑野は〈愛用している@narsissist から初の白パッケージが発売〉と、自身が使用している化粧品を紹介。フォロワーからは「とっても素敵ですね~。ツル肌すてき」「ひろ子さん美しいなぁ。相変わらず若々しい」「とっても素敵ですよ~。憧れちゃいます」などと言った声が寄せられている。

 畑野は17歳の時にファッション誌「JJ」の専属モデルに起用され、美人モデルとして大活躍。1999年にはドラマ「サラリーマン金太郎」(TBS系)に出演し話題となった。現在は、モデルやフラワーライフスタイルプロデューサーとして活躍している。

「美人モデルとして活躍した畑野ですが、現在は44歳になり、すっかり大人の女性になりましたね。もちろん、今でもその美貌は健在ですが、さすがにすっぴんに近い自撮りは少々キツイものがあります。インスタグラムの広告案件では、紹介する化粧品が“映え”なければなりません。そのためのすっぴんだとは思いますが…」(ファッション誌ライター)

 畑野はもともと「27歳のジューンブライドが夢」と語っており、1年遅れとはなったが2004年6月に28歳で俳優の柏原崇と結婚。しかし、わずか1年8カ月で離婚し、現在は元サッカー選手で実業家に転身した夫の鈴木啓太と幸せな家庭を築いている。そのためネット上では、「経済的に決して困窮しているわけじゃないんだから、インスタですっぴんを晒してまで小遣い稼ぎしなくても…」なんて指摘もチラホラ見られる。

 ファンはいつまでもキレイなひろ子様を求めているのだろう。

(ケン高田)

関連リンク

  • 7/16 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます