手越に増田がブチ切れ!NEWSの“中居と口パク”W危機正念場!!

拡大画像を見る

 NEWSが7月18日放送の『音楽の日2020』(TBS系)に出演することが、7月10日に発表された。

「NEWSは、6月26日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にVTRで出演しましたが、新生NEWSが生の音楽番組でパフォーマンスを披露するのは、『音楽の日』が初陣です。楽しみや期待がある反面、ちょっと心配な部分もあるんです……」(女性誌記者)

 その心配とはもちろん、6月19日付でジャニーズ事務所を退所し、NEWSから去った手越祐也(32)のこと。手越の音楽面でのNEWSへの貢献度は、はかりしれないほど大きかった。

「手越は、NEWSの中で人気だけでなく、圧倒的な歌唱力も誇っていました。名実ともにグループの音楽、歌の中心的な存在で、NEWSの楽曲は彼があってこそとの声もありました。残された小山慶一郎(36)、加藤シゲアキ(32)、増田貴久(34)の3人ではNEWSの曲はキーを下げないと歌えないと言われ、今までのようなパフォーマンスができるのかという、不安の声も少なからずあるようです」(前同)

 音楽活動を続ける上で超えなければならない“手越の壁”。これを乗り越えるため、増田が奮闘しているという。

「7月9日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で、増田はくす玉人形にストレスをぶつけるという企画に参加。そこで“3人になっちゃったじゃないか!”“デビューした時、9人いたんだぞ!”と絶叫。さらに、“ふざけんな!手越!”と名指しで不満をぶつけて、スタジオでは大ウケでした。増田は、手越から辞めてからというもの、歌の部分ではかなり苦労させられているようですから、ストレスが溜まっても仕方ないのかもしれませんね」(同)

■嵐“口パク騒動"

 6月18日、ジャニーズ事務所が行ったオンラインライブ『Johnny's World Happy LIVE with YOU』にNEWSが出演した。

「この有料配信で、3人体制のNEWSとして初めてのパフォーマンスを行いました。このライブの3曲目に“エンドレス・サマー”という楽曲を披露したのですが、手越が歌っていたパートを増田が歌いました。その後、この曲はTOKYO MXの高校野球中継テーマソングに採用され、レコーディングも新たに行い“Endless Summer”に改題。すでに一部がテレビで流れていて、やはり手越が歌っていた部分は増田が担当していました」(前出の女性誌記者)

 増田の歌唱にSNSでは、「てごちゃんのパートを歌ってくれたまっすーにも泣けた」や「サビの手越パート!まっすー 良かったよー」など好評のようだ。

「新生NEWSのパフォーマンスにファンも、満足していたようですね。ただ、18日に放送される『音楽の日』はTBSの大型歌番組ですから、オンラインライブと違って、ファンではない人も大勢視聴します。しかも、手越さんが退所したばかりで世間の注目度も高いはず。新体制でのパフォーマンスの形が定まっていない中、生でやるにはさまざまリスクもあるでしょう。口パクでの出演もありうるのかもしれませんが、ただ、番組には嵐も出演するので、口パクはどうなんでしょうか……」(ワイドショー関係者)

 2018年6月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、手越の未成年女性との飲酒疑惑を報じられ、同誌は手越が酒の席で嵐の“口パク”をネタに、替え歌を熱唱する動画を公開した。

「手越さんは、“いっちば~ん、嵐のファンが多いけど~、東京ドームで口パク聞いてる~”と替え歌で、先輩グループである嵐を茶化してしまったんです。これに嵐のファンも激怒して“先輩たちをバカにする態度が許せない”などの批判が殺到し、ネット上は大荒れに。『音楽の日』でNEWSが口パクなんてやったら、また問題が再燃してしまいそうな気も……」(前同)

■新生NEWSアピールのためにも…

 ワイドショー関係者は続ける。

「『音楽の日』には、嵐といったジャニーズのグループ以外にも、鈴木雅之さん(63)や谷村新司さん(71)といった大御所も出演します。さらに、司会はジャニーズOBの中居正広さん(47)。

 先輩や大御所の前で口パクというのは、格好がつかないでしょう。新生NEWSの門出となる番組ならなおさらなのではと。手越さんほど上手に歌えなかったとしても、熱量はファンに絶対届くでしょうし、彼らは生で歌うことで、今の思いをぶつけるのではないでしょうか」

 全国の視聴者に新生NEWSをアピールする絶好のチャンス。全力のパフォーマンスで存在感を見せつけてほしい!

関連リンク

  • 7/15 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます