弘中綾香アナ、女子アナの真実を暴露!気もクセも「強い」

拡大画像を見る

 7月8日に放送された『ノブナカなんなん?』(テレビ朝日系)に、山田裕貴(29)と登録者数139万人の大人気YouTuberのエミリンこと大松絵美(26)がゲスト出演した。この番組は、千鳥のノブ(40)とテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(29)が「なんなん?」とツッコみたくなる人々に迫る新感覚バラエティ。オープニングで、弘中アナが「皆さんの周りにいませんか? “なんなん?”って人」と振ると、エミリンは「私、あれですね。女の子でよくいる悩み相談と見せかけてノロケてくる女」と即答。これに弘中アナは手を叩き、「います!」と共感。エミリンは「“好きな人から告白されちゃったの、どう思う?”って。絶対にそれはノロケのほうやん!」「“なんなん?”って」と不満をぶちまけ、スタジオの笑いを誘った。

 また、女子アナになりたかったというエミリンが、女子アナは「永遠の憧れ」で「嫉妬の対象」だと告白すると、弘中アナは「でもね、女子アナウンサーってクセが強い人ばっかですよ」とコメント。さらに「めちゃくちゃ気が強いですよ、みんな」「控えめを装いつつ心の中、闘争心メラメラ」と暴露し、エミリンにYouTuberのほうが女子アナよりも絶対にいいと力説してノブや山田を驚かせた。

■嫌われません?

 そんなぶっちゃけぶりを見せた弘中アナだが、番組中盤の密着ロケVTRではまるでタレントのようにグラビア撮影され、カメラマンからは「かわいい!」と絶賛される様子が紹介された。これにノブは「やってるね!」と苦笑いし、「なくさないでほしいのは、テレ朝のためにやっているという気持ち」「もうすぐタレントよ、フリーよ、じゃないよね?」と弘中アナに確認。弘中アナは会社から来た仕事を「一生懸命やっている」と弁明したが、エミリンから「なんか今日(の内容)で、嫌われません?」とツッコまれていた。

 これを見た視聴者からは「ノブナカなんなん弘中ちゃんがかわいいだけの番組やな」「ゲスさが出ててもっと好きになった」「面白いやん……」「ノブのツッコミ愛があって好き」「大好きだった弘中さんのことが超ウルトラスーパー大好きになってしまった」と称賛の声が続いた。いくら毒を吐いても愛されてしまう弘中アナ、向かうところ敵なし!?

関連リンク

  • 7/15 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます