ゲンジブ、アニメ映像と組み合わせた"新たなスタイル"の配信ライブ実施

拡大画像を見る

ダンスボーカルユニット「原因は自分にある。」(大倉空人、小泉光咲、桜木雅哉、長野凌大、武藤潤、杢代和人、吉澤要人)が12日、配信ライブ「特別配信プログラム 仮想げんじぶ空間」を開催した。

このライブは12日に配信を開始した新曲「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」リリースを記念して行われたもの。「前衛的なユニットとして、新時代のエンターテイメントを生み出す」と明言する彼ららしく、構成や演出などで既存の枠に捕らわれない試みを行っている。

全体的には、今回のために事前に撮り下ろされた全6曲のライブ映像パートと、リアルタイムで行われたMCパートの2パートから成り、配信番組とパフォーマンスがミックスされた構成に。ライブパートでは「リアルタイムのパフォーマンスを配信する」という従来の配信ライブとは異なり、ミュージックビデオとライブパフォーマンスを掛け合わせ、様々な演出やカメラワークによって作り込まれたスタイルの映像を見せる。彼らのスタイリッシュかつ独特なサウンド・歌詞・世界観を新たなジャンルで楽しむ事ができるものとなっていた。

特にアニメーションとメンバーのパフォーマンスが融合した「嗜好に関する世論調査」、メンバーが一切登場せず、歌詞の世界観を表すシンプルなイラストを活用した「ラベンダー(ピアノVer.)」は、通常行われる配信ライブのイメージを良い意味で裏切り、新鮮な驚きを得られる演出が取られていた。

クールなパフォーマンス姿とは一転、MCパートではメンバーたちも飾らない姿を見せる。特に半年ぶりにファンの前に立てる事や、パフォーマンスを行える事に対しては、全員喜びを隠せない様子。終始笑顔でトークを進行しながら、配信ライブらしくコメントを通じてファンとの交流も楽しんでいた。

7日にはデビュー1周年を迎えることから、これまで行ってきた活動について想い出話を咲かせ、メンバーの長野は「7人でライブが出来ているのは皆さんのおかげ。皆さんの手を取りながら、上に上がっていきますので、これからも応援をよろしくお願いします」とファンに対して呼びかけた。
○セットリスト

M1:原因は自分にある。
M2:嗜好に関する世論調査
MC
M3:Joy to the World
M4:ラベンダー(ピアノVer.)
MC
M5:ギミギミラブ
MC
M6:シェイクスピアに学ぶ恋愛定理
MC
(佐藤早雪)

関連リンク

  • 7/13 21:13
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます