格差逆転!児嶋一哉「渡部イジリ」で人生最大のチャンス到来

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が7月4日の生番組「王様のブランチ」(TBS系)に出演。4カ月ぶりのスタジオ登場で、冒頭には相方の渡部建に触れて笑いを取るなど、渡部の穴を補って余りある活躍ぶりを見せた。

「児嶋は『ちょっと思ったんだけど渡部はどうしたの?』といきなりボケをかますと、レギュラーのオリエンタルラジオ・藤森慎吾が『あんたがいちばんわかっているだろう』とツッコミ。さらに『ネットを見ろ!』と渡部のギャグで切り返され、朝からネットニュースをにぎわせました」(週刊誌記者)

 児嶋は7月1日にも、番組「ホンマでっか!?TV 2時間SP」(フジテレビ系)に出演し、明石家さんまから「お前、渡部だろ」と突っ込まれ、「児嶋だよ!」とキレるのがこのギャグの最終形だとアドバイスされていた。

「2004年から始まっている冠番組『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)には渡部自粛後、ドランクドラゴン、土田晃之が出演。ローカル番組にも関わらず同じ八王子出身の先輩・ヒロミはもとより、明石家さんまからも『いつでも行く』と声を掛けられるなど、数々の芸人に励まされています。児嶋個人としては、デビュー以来最大のブレイクチャンスが来ていると言えるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 もともと、俳優としては高い評価を受けていた児嶋。お笑いタレントとしても一気に花を咲かせてほしいものだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/12 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます